鉄棒の逆上がりを成功させるコツ!親子で協力して達成しよう

シェアする

今も昔も、小学生の体育の時間には『鉄棒』の時間があります。

その中でも「逆上がり」は、すんなりできる人と、苦労する人に分かれるようです。

その違いは何なのでしょうか?

自分の子供時代の事も考えながら、ご自分の子供さんに上手に「逆上がり」ができる“コツ”を教えて、親の威厳を発揮してみませんか?

鉄棒の逆上がりの効果的な練習方法とは

鉄棒の「逆上がり」に必要な筋肉は『腕』『蹴り上がり(脚)』『お腹(腹筋)』がポイントです。

このポイントが上手に使えていると“えっ、あの子ができるの?”という人もいます。

「逆上がり」のポイントは【体をコンパクトにする】です。

今回は、まずポイントごとに練習をしてみましょう。

1、『腕』は、出来ない子を見ると必ず“伸びて”います。

しっかりと『腕』は体(胸)につけるように肘を曲げましょう。

そして、鉄棒に体を引き寄せるように(腕立て伏せの要領です)します。

ただし、腕立て伏せと違うのは「手」のひらの向きが上を向いていることです。

ですので、筋肉の使い方が少々、違っています。

鉄棒がない所で練習をする場合は「手」を上に向けて握り、体を引き寄せるように(棒を持ってできると最良ですが…)負荷をかけます。

小学校にある「うんてい」にぶら下がって体を持ち上げるトレーニングも良い方法です。

2、『蹴り上がり(脚)』は、「体を持ち上げる」のに必要な部分です。

この『蹴り上がり(脚)』は重要な部分ともいえます。

出来ない子を見ると必ず“伸びて”います。

先ほどの『腕』と同じです。

“伸びて”足が上がらず“バタバタ”していませんか?

足が上がらないのは、腕が伸びているからとも言えますし、足の脚力が弱いせいでもあります。

『蹴る』力が強いと【体をコンパクトにする】コツがつかみやすいはずです。

イメージとしては「脚を鉄棒の上に持ち上げる」です。

親子で練習する場合、子供に逆上がりをするように鉄棒を持たせ、肘を曲げさせたまま、子供の腰から膝を体の下から親が背中で押し上げて、脚を鉄棒に上げてやります。

この時、鉄棒の真下ではなく、少し鉄棒を越した、やや子供のお尻あたりに親の背中が来るようにするのがポイントです。

子供には「お腹を(鉄棒に)付けて、脚を(鉄棒の向こうに)越すように上げて!」と声かけてください。

この「お腹を(鉄棒に)付けて、脚を(鉄棒の向こうに)越すように上げて!」ができるようになれば半分以上はできたのも同然です。

それでは、それが自分の力だけでできるようになるためには、どうしたら良いのでしょうか?

先ほど『蹴る』力が強い、と書きましたが、これは【ジャンプ力】にもつながります。

小学生なら「縄跳び」をお持ちだと思います。

二重とびが上手にできるように声をかけてあげてください。

飛ぶ力と高さの耐久性が養われます。

「逆上がり」の『蹴り上がり(脚)』の力も同じように養われるでしょう。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする