有酸素運動を自宅で簡単に!おすすめの方法・メニューの紹介

シェアする

有酸素運動は、筋肉トレーニングの無酸素運動とは違う運動方法です。

一般的によく聞きますが『有酸素運動』とはどのような運動なのでしょうか?

説明も含めて少し簡単にできる方法も紹介してみます。

有酸素運動とは?無酸素運動との違いは?

『有酸素運動』と『無酸素運動』は簡単に説明すると正反対の運動方法です。

『無酸素運動』は筋肉を使って力を入れてする運動だと考えてください。

その反対ですので『有酸素運動』とは「酸素」を「ゆっくり」と身体に取り入れて身体を「ゆっくりと動かす」運動のことになります。

そのため『有酸素運動』は虚弱体質者や高齢になってもしやすい運動ともいえます。

日頃、運動をしていない人にでも「ゆっくり」と始められると思います。

一般的に『無酸素運動』は筋肉トレーニングです。

負荷(重い物を持ったりすること)をかけて筋肉をきたえるのです。

ウエイトリフティングなど、瞬発力を必要とする運動です。

反対に『有酸素運動』の有名なものにジョギングやウォーキング・ヨガなどがあげられます。

実は「ラジオ体操」も『有酸素運動』なのです。

身体を「ゆっくり」と動かし、酸素を「ゆっくり」と取り入れ「ゆっくり」と吐き出すのがポイントです。

ジョギングやウォーキング・ヨガをする場合でも、力いっぱい走ったり息切れするような速度で行うものではありません。

動きも「ゆっくり」が基本です。

ジョギングやウォーキングの場合、おしゃべりしながらできる速さが良いと言われています。

息切れしない速さで力を抜いた状態です。

もし、これに“ダイエット”を考えている場合は、最低でも20分以上行う必要があります。

身体が酸素を取り入れ、脂肪を燃焼させるエネルギー消費にかかるのに『有酸素運動』の場合、20分以下はダイエット効果が薄い、という研究結果が出ています。

うっすらと汗をかく位は続けて行う必要があります。

しかし、最初から20分以上を目標にするのは大変です。

最初は5分を目標に、徐々に時間を延ばしましょう。

続いては有酸素運動を自宅でする場合についてご紹介します。

シェアする

フォローする