有酸素運動の種類と効果を一覧でチェック!

シェアする

有酸素運動と聞いて何を思いつくでしょうか。

大体はウォーキングやマラソンでしょう。

しかし朝は起きられないし、夜は外を走ったり歩くのは怖いという人は少なくありません。

そして梅雨の時期はレインコートを着ていたとしても、濡れてしまって風邪をひいたなんて嫌ですよね。

出来れば室内で有酸素運動ができたら良いのにと考えたことはありませんか?

私はあります!

私のように室内で有酸素運動をしたいと考えている人に、今回は室内やジムでできる、おすすめの有酸素運動を紹介します。

有酸素運動の種類一覧(室内)

有酸素運動は、言葉の通り酸素をしながら運動することです。

呼吸を意識しながら運動をするだけで、簡単に有酸素運動になるのです。

さらに今までは有酸素運動をしても、20分以上続けなければダイエットに効果は無いと言われてきました。

しかし最近の研究では、有酸素運動を始めてすぐに脂肪の燃焼が始まることが分かってきました。

健康のためにも、ダイエットのためにも、有酸素運動はとても理想的ですよね。

では具体的に室内でできる有酸素運動をご紹介しましょう。

1.踏み台の昇降

自宅の会談や、玄関の段差を上り下りするだけという簡単な運動です。

呼吸を意識しながら繰り返せば、足腰も丈夫になり引き締まるでしょう。

2.フラフープ

フラフープはお腹や腰の周りの筋肉を使いながら回します。

フラフープを回すことによって、お腹も刺激され、理想的なくびれを手にすることができます。

3.ダンスエクササイズ

室内で踊って体を使うというものです。

私には娘がいるのですが、食後にプリキュアの音楽を流して踊っています。

子どもも喜んで、私も運動ができると一石二鳥です。

子育て中でなかなか運動ができない人にはお勧めですよ。

4.腹式呼吸

有酸素運動は呼吸に意識するだけで、引き締まり方が一気に変わります。

布団の上でお腹に意識を置いて深く呼吸をしましょう。

あまり激しい運動はできない人や、効果を長い目で見られる人にはお勧めです。

腹式呼吸を意識するだけで、腹筋が引き締まった友人もいました。

5.ヨガ

ヨガというと体が柔らかくないといけないと思う人もいるでしょうが、自宅で簡単に出来るヨガは多くあります。

呼吸と体を伸ばすことを意識してゆっくり動かしてみましょう。

書籍はもちろん、無料動画サイトでも自宅で簡単にできるヨガが紹介されていますので、一度検索をしてみることをお勧めします。

気持ちが落ち込んでいるときにヨガをすると、思った以上にスッキリすることがあります。

他にもスクワットやもも上げ、家事などの拭き掃除といった、その場で簡単にできるものは多くあります。

呼吸を意識して動かしていきましょう。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする