野球ルール紹介「振り逃げ」の正しい意味をご存知ですか?

シェアする

野球では普通、バッターは三振したらさっさとベンチへと帰っていくのに、三振してもそのままバッターが一塁へと走り出した!なんて光景を見たことがありませんか?

これは一般に「振り逃げ」と呼ばれるプレーです。

振り逃げはいつでもできるわけではありません。

では、できるために必要な条件は何か、見ていきましょう!

「振り逃げ」ができる条件とは?

バッターが三振すると、一塁へ走っていくときと走っていかないときがありますよね。

あれは「振り逃げ」ができるかどうかで決まってくるのです。

「振り逃げ」とは、次の状況の時にできるプレーです。

“2アウト、またはランナーが1塁にいないとき、バッターが三振を喫し、なおかつキャッチャーがノーバウンドでの捕球をできていない場合”

野球に詳しい人であれば、これだけでもなるほどと理解できるかもしれませんが、野球を見始めたばかり、という人にとってはちんぷんかんぷんかもしれませんね。

詳しく説明していくので、順を追って理解していきましょう!

基本用語の説明

ここでは、「バッター」や「ランナー」など、カタカナ語を用いていますが、カタカナだとわかりにくいという方のために、漢字での表現も紹介します。

まずは覚えやすい方を覚えましょう!

・バッター…打者のこと。バットを振る人。

・ピッチャー…投手。

・キャッチャー…捕手。

・ランナー…走者。居る塁によって、1塁ランナー(走者)、2塁ランナー、3塁ランナーと呼ばれる。

「三振」になる

2ストライクになった状況で、次の球を空振ってしまったり、ストライクゾーンに来た球を見逃してしまうと「三振」となります。

よく「空振り三振!」「見逃し三振!」といわれるあの状況です。

なので、「振り逃げ」とはいいますが、実際はバットを振らなくても、ストライクゾーンの球を見逃せば「振り逃げ」ができることもあります。

ただし、ストライクゾーンに来た球をキャッチャーが取りこぼすことはそうそうありません。振らない「振り逃げ」を見られたらかなりレアです!

キャッチャーの「捕球」ミス

振り逃げは、いくつかの条件をクリアした先に振り逃げのチャンスは訪れます。

まず、前提条件として、「キャッチャーが3ストライク目の捕球に失敗する」ということが必要です。「捕球」に失敗しなければ、振り逃げは100%できません。

この場合の「捕球」は、「ピッチャーが投じた球をノーバウンドで(肩や足など、身体にも当てずに)キャッチャーが捕る」ということを指します。

つまり、投球がキャッチャーのグラブに入る前にワンバウンドしてしまったり、キャッチャーが球を捕れずに落としてしまったり、後ろにそらしてしまった場合、そして肩などに当たってしまった場合も「捕球」はできていないとみなされます。

バッターが三振して、キャッチャーが「捕球」できなかった。

これだけでは振り逃げができないこともあります。

ランナーやアウトカウントの条件は、ケースバイケースなので少し複雑です。

少しずつ理解していきましょう!

2アウトの時

2アウトの場合は、三振してなおかつ「捕球」をミスしていれば、ランナーにかかわらず振り逃げをすることができます。

1アウト、ノーアウトの時

1塁ランナーの有無によって、できるかどうか変わってきます。

・1塁にランナーがいないとき

三振してなおかつ「捕球」できなければいつでも振り逃げをすることができます。2塁や3塁にはランナーがいても問題ありません。

・1塁にランナーがいるとき

振り逃げはできません。

少々複雑ですが、次のようにまとめることができます。

まず、前提条件として次の二つが必要です。

・空振り、または見逃しで3ストライク目をとられる=三振する

・キャッチャーが「捕球」できていない

そしてなおかつ、次のいずれかの条件が最低限必要です。

・2アウトのとき

・ランナーが1塁にいないとき

以上の項目を満たしたとき、振り逃げの機会が到来します。

振り逃げができるとなったら、バッターは大急ぎで1塁に向かわなくてはなりません。そして、1塁までアウトにならずに到達できれば、振り逃げはうまくいったということになります。

ここまで見てきて、察している人もいるかもしれませんが、振り逃げができる場合、バッターを三振させてもすぐにアウトとはなりません。

では、守備側はどうしたら振り逃げをアウトにできるのでしょうか。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする