ダイエットに効果がある有酸素運動は自転車とランニングどっち?

シェアする

ダイエットに効果的な「有酸素運動」。有酸素運動にも様々な種類がありますが、自転車とランニングならどちらがよりダイエットに適しているか、気になったことはありませんか?

どちらも主に脚を使い、長い時間かけて体を動かす運動です。しかしダイエットにおすすめするとしたら勝敗が分かれてきます。それでは早速解説します。

ダイエットにおすすめなのはズバリ○○

先に結論から言ってしまうと、ダイエットにおすすめできるのはランニングより自転車です。その理由は「継続しやすい」「ランニングと消費カロリーがあまり変わらない」という部分が大きいです。

その詳細を見ていきましょう。

ダイエットを成功させる条件を振り返る

まずダイエットのための運動に重要な条件を簡単に振り返ります。

  • 長期間続けること
  • 運動により脂肪を燃焼すること
  • 消費カロリー以上の食事を取らないこと

長期間続けること

大量のカロリーを消費する激しい運動を3日だけしてあとはずっと休む、というやり方ではダイエットは失敗するでしょう。毎日少しずつカロリーを消費する必要があります。

できれば毎日運動した方が効果的です(ただし筋肉痛の日は通常より運動を減らす必要があります)

関連記事:

運動により脂肪を燃焼すること

ただ闇雲に運動したり体を動かすだけでは、効率的に脂肪を燃焼することができずにダイエット効果が表れにくいでしょう。そこで有酸素運動が重要になります。有酸素運動も色々ありますが、運動し始めは脂肪を燃焼しないため、20分以上運動する必要があります(20分経ってから脂肪の燃焼が始まると言われています)。

消費カロリー以上の食事を取らないこと

こちらはもう言わずもがなでしょう。カロリー計算は難しいですが概算だけでも把握し、カロリーを取りすぎた日はその分燃焼する運動をしたらダイエットできます。

ここまでダイエットに必要な事項を振り返りましたが、次のページからは上記の点を踏まえて自転車とランニングを比較してみます。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする