除外?復活?オリンピックにおける野球競技

シェアする

あまりにも、趣味が多様化しすぎてしまったせいでしょうか。

スポーツと言えば、国技と言えば、という問いに対し、「野球!」とすぐさま答えるひとは減っている気がします。

それでも、野球は日本で代表的なスポーツのひとつであり、世界大会があれば活躍できると

思っている野球ファンや日本人は多いでしょう。

そこで、もっとも有名な世界大会であるオリンピックで、野球が採用と不採用とを繰り返してきた歴史を振り返ってみましょう。

歴代オリンピックの野球の有無

オリンピックで初めて野球が選ばれたのは、1984年のロサンゼルスオリンピックです。

この頃は、まだアマチュア選手しか出場することはできませんでした。

今でこそ、テニスで錦織圭選手が出場したり、野球で日本のプロ野球選手がペナントレースを休んでまで出場したりしています。しかし、こと選手に関してはジミだったのです。

ちょうど1984年のロサンゼルスオリンピックで、当時のIOC(国際オリンピック委員会)の会長だったサマランチが商業主義を取り始めてから、ずいぶんとオリンピックの性質が変わっていきました。

ちなみに、このロサンゼルスオリンピックから、2008年の北京オリンピックまで、野球が競技として採用されていました。

これまでの日本のメダルの数は5個。金メダルは、はじめて野球がオリンピック競技として採用されたロサンゼルスオリンピックだけです。

WBCで日本が優勝したシーンは頭に焼きついていますが、さすがにリアルタイムで日本代表が野球で金メダルを獲ったところは目にしていません。

だからこそ、野球がオリンピックから除外されたショックは大きいものでした。

シェアする

フォローする