バレーボールのアタックに効果的な3つの練習方法

シェアする

バレーボールを始めた人なら、誰しも強烈なアタックを決めたいと思うのではないでしょうか。

セッターのようにチームをコントロールする司令塔も花形ポジションですが、チームのエースと呼ばれるのはアタッカーであり、勝負どころでアタックを決めてチームを勝利に導く姿には誰しも憧れると思います。

そのエースになるべく、アタックを上達するためには、どうしたらよいでしょうか?今回はその練習法についてご紹介します。

バレーボールのアタックは主に5種類!

バレーボールのアタックには、そのときの状況(トス)に応じて様々なうち方がありますが、主に以下の5つの打ち方があります。また、今回は詳述しませんが、同じアタックでも、ストレート、クロス、インナーなど打つ方向を変えることができます。

①セミクイックアタック(通称セミ)

最も基本的なアタックです。コート真ん中で垂直に上がったトスを打ちます。ややレフト側にトスを上げる通常のセミと、ややライト側に上げるバックセミがあります。クイックよりも低くありませんが、オープントスよりは低いです。

②オープンアタック、平行アタック

レフトあるいはライトのアタッカーが、アンテナ付近で打つアタックで、山なりの大きなトスをオープンアタック、地面に平行なトス(平行トス)を打つ並行アタックがあります。

山なりになるほど打ちやすいですが、高く遅いトスですので、ブロックされやすいデメリットもあります。一方、平行アタックは早いトスになりますのでブロッカーが追いつきづらいですが、アタッカーもその分タイミングを取るのが難しいトスになります。

③クイックアタック

アタッカーがトスの直前直後に跳び、打つ体勢で待ち構えて、低いトスが上がった瞬間に打ち落とすイメージのアタックです。

コート中央のレフト側で打つとAクイック、ライト側で打つとCクイック、コート中央とレフトの中間地点で打つとBクイック、コート中央とライトの中間地点で打つとDクイックといいます。

非常に早い攻撃のため、背が低いアタッカーでもブロックされづらいのが最大のメリットですが、攻撃を先読みされてブロッカーに待ち構えられると、簡単にブロックされるというデメリットがあります。

また、レシーブを正確にしないといけない制約もありますので守備がしっかりしたチームでなければできない攻撃です。

④バックアタック

後衛の選手がアタックラインの手前で跳んで打つアタックをバックアタックといいます。アタックラインより手前で跳べば、空中でどんなに前に出て打っても反則にはなりません。基本的にはオープンアタックと同様な打ち方になります。

⑤移動攻撃(ブロード攻撃、ランニングアタック)

例えばセンターの選手がレフトやライトに移動して走りながら打つアタックを移動攻撃(ブロード攻撃、ランニングアタック)と言います。

センターだけでなくレフト(ライト)からセンターの移動攻撃もあり、アタックのバリエーションが格段に増えますが、個人の技術とチームワークが高いレベルで要求される高度なアタックです。

具体的には、走りながら跳んで打つため、空中姿勢を保つのが難しく、利き手の肩が下がってしまうため、利き手と同じ側の膝を上げるなど、通常とは違う高度な打ち方が要求されます。

⑥その他

一人時間差攻撃:一人でクイックのおとりと、セミアタックをする攻撃

ひかり攻撃    :B(D)クイックと同じ早さの平行トスを打つ攻撃

※ひかり新幹線にちなんで命名された攻撃

次のページでアタックの基本動作について解説していきます。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする