サーフィンのボードをレンタルできる!初めてサーフィンするならスクールに行ってみよう

シェアする

「サーフィンをしている女性ってなんだかかっこいい!」そんな憧れを持っている人も多いと思います。

しかし、女性が一人で始めるスポーツとしては、サーフィンはやや難易度が高そう…そんな風に思っていませんか?

サーフィンはとっても魅力的なマリンスポーツ、最近では初心者の女性でも気軽に通えるスクールもたくさんあります。

そこで今回は、サーフィンを始めたい女性が用意すべき5つのアイテムと、サーフィンスクールのメリットや選び方をご紹介します。

女性が用意すべきサーフィンアイテム5選

サーフィンをするなら、サーフボードやワックスなど基本的な道具が必要なことは、なんとなく知っているという人もいると思います。

しかし、女性がサーフィンをするのならサーフボードやワックスなどの基本道具以外にも、揃えておくと便利なアイテムがあるんです。

ここでは、サーフィンをする女性が持っていると、役に立つアイテム5つをご紹介します。

アイテムその①サーフボード

サーフィンを始めるのですから、サーフボードは絶対に必要ですよね。

サーフィンを始めたばかりの初心者さんは、波に乗るどころか、海に浮かんでいるだけでもかなり体力を使います。

サーフボードは何より自分に合ったものを選ぶのが大切、慣れないうちはレンタルではじめるのもいいですよ。

選ぶポイントは、ボードの厚さと長さ、波に乗ったり立ったりする感覚を養うためにも、まずは安定感のあるボードを選ぶのがいいでしょう。

初心者さんおすすめなのは、ロングタイプのサーフボード、とにかく安定感が抜群なのでまずはロングボードからスタートしてみましょう。

アイテムその②リーシュコード

サーフボードが決まったら、次はリーシュコードを選びましょう。

リーシュコードは、体とサーフボードをつないで、ボードだけが波にさらわれるのを防ぐ道具です。

サーフボードの長さや波の大きさによっても、リーシュコードの長さや太さが変わってきます。

選び方がわからない場合は、サーフショップやスクールのスタッフさんに相談すると丁寧に教えてもらいますよ。

アイテムその③ワックス

ワックスには貼るタイプと塗るタイプがあり、貼るタイプは最近主流になっている滑り止めシールで、裸足でもしっかり足元を支えてくれます。

ベタベタせずシーズンを選ばないので、どれを選べばいいか悩んだ場合は、とりあえず貼るタイプを買っておくというのもいいでしょう。

また、塗るタイプのワックスは温度によって使い分けが必要ですが、足を乗せる部分以外の腹ばいになる部分など、好きなところに自由に塗ることができます。

ワックスタイプは、使う量が少なくて済むというのもメリットのひとつですね。

アイテムその④ウェットスーツ

自分の好きな水着を着て、サーフィンを楽しむのも悪くはありませんが、日焼け対策や急な気温の変化にも対応できるよう、ウェットスーツは用意しておいた方がベターです。

ウェットスーツは季節によって厚さや長さが変わりますが、海に入る時期にあわせて準備しておけばいいでしょう。

ウェットスーツの厚さや長さ以外に、水に濡れると暖かくなる素材を使用したものなど、既製品からオーダー品までたくさんの種類があるので、自分に合ったもの選んでみてくださいね。

アイテムその⑤日焼け止め・熱中症対策グッズ

サーフィンは楽しみたいけれど、日焼けが気になるという女性もいると思います。

また、最近では熱中症にかかる人も多いため、熱中症対策グッズも合わせて用意しておけば安心です。

日焼け止めは、SPFの数値が高いものをこまめに塗り直すか、サーフィン用の日焼け止めで対策するのがおすすめです。

なかには、クラゲ除け効果がある日焼け止めもあるので、気になる人はチェックしては。

熱中症対策にはサンハットもおすすめ、かぶったままでサーフィンを楽しむことができますが、波が大きい場合は流される危険もあるので、かぶるときは気を付けるようにしてくださいね。

サーフィンスクールは女性にも安心!

サーフィンを始めようと決めたけれど周りに誰も教えてくれる人がいない、そんな人はスクールで教えてもらうのがおすすめです。

初心者の人でも通いやすく最近では女性専用のスクールもあります。

スクールに通うことは上達が早くなるだけでなく他にもメリットがたくさん、迷っている人は勇気を出して参加してみましょう。

ここでは、スクールで学べることやレッスンの基本的な流れについてご説明します。

メリット①基礎知識が身につく

サーフィンは手軽に始めることができるマリンスポーツですが、その難易度は高く独学ではなかなか上達することができません。

逆に言えば、基礎知識をしっかり身につければ、上達スピードがぐんと早くなります。

なかなか波に乗ることができず、そのままサーフィンを諦めてしまったなんてことにならないよう、初心者用のスクールから始めるのがおすすめです。

メリット②ローカルルールが学べる

多くのサーファーが集まる海では、ローカルルールと呼ばれる、細かなルールが存在しています。

何も知らない初心者さんがルールを守れず、トラブルになってしまうケースは非常に多いので、基本的なルールを事前に学んでおく必要があります。

地元の海に詳しいインストラクターが、エリアごとのルールや波情報などを教えてくれるので、初心者さんでも安心してサーフィンを楽しむことができますよ。

メリット③レンタルボートで練習できる

サーフボードやウェットスーツなど、必要な道具を揃えるとそれなりに費用がかかります。

最初から全てを揃えずに、まずはレンタルグッズを利用してサーフィンを体験してみるといいでしょう。

ほとんどのサーフスクールでは、サーフボード・ウェットスーツなど必要なものはレンタルができるので、基礎知識を身につけてから自分に合ったものを購入したいという人にもおすすめです。

実際に購入するときは、インストラクターやスタッフに色々相談できるのも心強いですね。

サーフィンスクールの選び方

まずは、体験スクールが受けられるところを選んで、実際に自分の目で確かめてからスクールに入るのがベターです。

ほとんどのスクールがインターネットから予約ができるので、最初にトイレやシャワーの有無・レンタル料金などをチェックしましょう。

友人同士や子供連れで参加できるスクールもあるので、一緒に通ってみるのもいいですね。

また、電車派の人は駅からのアクセスも確認しておくと安心、茅ヶ崎・江ノ島・鵠沼海岸などの湘南エリアは、穏やかな海が多いので初心者さんにもおすすめです。

スクールレッスンの流れと料金相場

体験コースは1回あたり5000円程度のスクールが多く、1回から参加できるところがほとんどです。

女性のインストラクターが教えてくれるところや、女性専用のサーフィンスクールもあるので、男性と一緒に練習するのは恥ずかしいという人にも安心ですね。

スクールに参加する時は、水着・サンダル・タオル・日焼け止めなどを用意すればOKです!

更衣室やシャワールームも完備されているので、気軽にレッスンを受けることができますよ。

ま と め

女性が一人でサーフィンを始めるのはなかなか勇気がいることですが、初心者や女性一人でも安心して通えるスクールもたくさんあります。

今までなかなかあと一歩が踏み出せなかったという人は、思い切ってスクールに通って今年の夏はサーファーデビューをしてみてはいかがでしょうか?

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする