W杯2018試合結果【グループA】 ロシア VS サウジアラビア

シェアする

注目株ゴロヴィンが大暴れ!開催国ロシア、サウジアラビアを5-0で粉砕 

ロシアワールドカップ2018は、プーチン大統領の開会宣言によりその火蓋が切って落とされました。

開幕戦となった開催国ロシア対サウジアラビアの一戦は、MFアレクサンドル・ゴロヴィンやFWデニス・チェリシェフらの活躍により次々と得点を重ねたロシアが5-0でサウジアラビアを粉砕。ホスト国の威信を見せることに成功しています。

国民の声援を力に。ロシア、攻撃陣が大爆発

試合は立ち上がりから非常にオープンな展開となりました。

どちらに流れが傾いてもおかしくない状況でしたが先制したのはロシア。

前半12分、コーナーキックのこぼれ球を拾ったゴロヴィンのクロスにガジンスキーが頭で合わせて1-0。待望の先制点を挙げることに成功します。

先制したことで勢いづいたロシアは14分、右サイド高い位置でボールを受けたフェルナンデスの折り返しにスモロフがシュート。しかしこれにはサウジアラビア守護神のマユーフが立ちはだかります。

攻守の切り替えが非常に速いロシアは21分、カウンターを繰り出しますが走っていたジャゴエフが負傷、チェリシェフとの交代を余儀なくされてしまいました。

しかしこの交代劇はすぐに功を奏します。42分、高い位置でボールを奪ったロシアはゴロヴィン、ゾブニンと繋ぎ最後は代わって入ったチェリシェフが巧みにDFをかわし、ゴール左上に素晴らしいシュートを突き刺しました。

スコアを2-0としたロシアはガジンスキーやゾブニンといった中盤の選手がしっかりとバイタルエリアをプロテクト。追い上げを狙うサウジアラビアに思い通りのプレーをさせません。

試合は後半に入ってもロシアのペース。後半24分、ロシアはスモロフに替えて長身ストライカーのジューバを投入しさらなる追加点を狙いに行きます。

そしてその狙いは、わずか2分後に現実となりました。ペナルティーエリア右でボールを持ったゴロヴィンが正確無比なクロスを送球。これをジューバが見事なヘディングシュートでゴールに叩き込み、スコアを3-0としました。

身体能力の高いジューバの投入でさらにボールを持てるようになったロシアは、さらに得点を重ねます。

後半アディショナルタイム、ロングボールに抜け出したジューバの落としからまたしてもチェリシェフが左足を一閃し4-0に。

勝利を確定させたロシアでしたがさらに試合終了間際、ゴロヴィンが見事にフリーキックを沈め5-0。完全にトドメを刺したところで試合終了のホイッスルが吹かれました。

開幕直前まで懐疑的な視線を浴びていたロシアですが、この大勝により最高のスタートを切ったと言えるでしょう。

W杯特設ページへ戻る

シェアする

フォローする