W杯2018試合結果【グループC】フランスVSオーストラリア

シェアする

フランス代表、苦しみながらも初戦勝利で勝ち点3獲得

前半は決定的なチャンスを作るものの、あと一歩のところでなかなかゴールを割ることが出きないフランス代表でしたが、後半にVAR(ビデオアシスタントレフェリー)の判定により獲得したPKとポグバのゴールにより、見事初戦白星を飾りました。

オーストラリアは強豪国フランスを苦しめましたが、勝ち点獲得なりませんでした。

試合ダイジェスト

試合開始早々フランスがチャンスを迎えます。

前半1分、右サイドからのスルーパスに反応したムバッペがシュートを放つもキーパーに阻まれました。その後も、ムバッペ、デンべレ、グリーズマンという前線3人がスピードを生かし、積極的にチャンスを作りますが、オーストラリアの堅守により得点することができません。

一方オーストラリアは、フリーキックから、あわやフランスのオウンゴールかという場面がありましたが、フランスGKロリスのファインセーブにより得点ならず、両チーム無得点で前半を終えました。

試合が動いたのは後半54分。フランスは、ポグバのスルーパスからグリーズマンが、オーストラリアDFリズドンにペナルティエリア内で倒されますが、ノーホイッスル。プレーは続けられましたが、その後今大会から導入されたVAR(ビデオアシスタントレフェリー)によってPKとなりました。このチャンスをグリーズマン自らがきっちりと決め、フランスが先制しました。

しかしながらオーストラリアはすぐに追いつきます。フランスDFユムティティがペナルティエリア内でハンドを犯してしまいPKを獲得。このPKをオーストラリアキャプテンのジェディナクが落ち着いて決め、同点になりました。

追いついたオーストラリアが勢いを増していく中、フランスの先制点をアシストしたポグバがまたしても決定的な仕事をしました。

後半35分、ポグバが交代で入ったジルーとのパス交換で抜け出しシュート。相手DFに当たったボールはGKの頭上を越えゴール。フランスが勝ち越しに成功しました

そのままのスコアで試合終了となり、フランスが2-1でオーストラリアに勝利しました。

W杯特設ページへ戻る

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする