卓球のバックハンドの打ち方と練習方法のまとめ

シェアする

卓球の打ち方には大きく分けてフォアハンドとバックハンドの2種類があります。

これらの打ち方を組み合わせることによってラリーをスムーズに行うことが出来ます。

ですが、フォアハンドとバックハンドは構えから大きく違うので、フォアハンドは出来るけどバックハンドは少し苦手だという方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は卓球初心者の方でもわかりやすくバックハンドの打ち方と基本的な練習方法についてまとめました。

バックハンドとは

そもそもバックハンドとは何かというと、ラケットを持っている側とは反対側、もしくは正面にに来たボールを打ち返すことです。

ラケットを持っている側に来たボールは基本的にフォアハンドで返します。

基本的にラケットの裏面(ペンの場合は手首を内側にまげて打ち返します)で対角線上に打ち返します。

また、バックハンドでもフォアハンドと同じくカット、ドライブ、スマッシュなど技を繰り出すことが出来ます。

相手がどこに打って来ても対応できるように、バックハンドを上手に使いこなしていきましょう。

バックハンドの打ち方

まずはバックハンドの基本的な打ち方をご紹介します。

大きく分けるとドライブとプッシュの2パターンがあります。

どちらをする際にも、少し前傾姿勢をとり、ラケットは肩幅より若干狭めに構えます。

ボールをしっかり正面でとらえ、ラケットの真ん中で捕らえるようにしましょう。

プッシュの場合、ラケット面を台と垂直から少しだけ台側に傾け、肘を基点に振ります。

ラケットの先端は台と平行にしておきます。

このとき、手首のスナップを意識せずに、肘で振ることをしっかりと意識します。

ポイントはしっかりと体の正面で打つことを意識します。

慣れてきたら体の横側で打つこともできるようになりますので、まずはしっかり体の正面で打つことを意識しましょう。

下半身の体重移動は、左足から右足へという感覚をもちましょう。

ドライブの場合、基本的にプッシュと同じですが、ラケットを寝かせ気味に振ることです。

このとき、打点はなるべくあがりきった頂点で打つことがポイントです。

手首のスナップだけで打とうとはせず、ラケットを寝かせてあくまで肘を支点として振ることが大切です。

相手が下回転のボールを打ってきた場合は、ラケットを低く構え、肩を入れ、肘を少し引き、やや手首を返す感覚で打ちます。

ちなみに筆者は自称バックハンドドライブが得意だったのですが、手首のスナップを使いすぎたせいで、成功率が低かったです。

手首を使ったほうが回転がかかるような気がしてしまいますが、しっかりと肘を使いましょう。

ここまでバックハンドの基本的な2つの打ち方を見てきましたが、ここからはカットの打ち方をご紹介します。

まずは大前提として肘を肘を支点としてうちます。

カットというと手首や肩を支店としがちなので注意しましょう。

ラケットを肩の高さまで落とし、ラケットの先端を上向きにし、ボールをぎりぎりまで引き付けてから、振り下ろす感覚でカットします。

体重を左足から右足へ移動し、台からの距離が遠ければ大きく、近ければ小さく振ります。この距離感は練習で取得しましょう。

次は卓球の華、スマッシュです。

実はバックハンドでもスマッシュを打つことが出来ます

やり方は、ラケットの高さを胸の辺りにし、体をひねり左足に体重を入れるイメージで肩を入れます。

このとき、スマッシュだからといってボールを追いかけるのではなく、しっかりと引き付けてから打つようにします。

ゆるい球が来たからといってあせってはいけません。

スイングする際は、他のバックハンドと違い、肩から順番に肘、手首の順番に振っていきます。

そして、一番注意しなければならないことは、必ず体の正面でボールをとらえることです。

これは他のバックハンドと一緒ですが、特にスマッシュの場合は、横で捉えてしまうと、スイングが詰まってしまうので、よりからだの正面でとらえる事にを意識しましょう。

ネットにかかったり、オーバーしてしまう場合は、打点の調整をします。

ネットにかかる場合は、打点を高く、オーバーする場合は打点を低く調整します。このあたりの感覚は練習で磨いていきましょう。

バックハンドの練習の仕方

まずは基本形の多球練習です。

相手にバックにボールを出してもらい、打ちます。

意識することは、肘がちゃんと使えているか、ラケットの真ん中に当たっているかなど、基本的な点に注意しましょう。

また、1球1球分けて打ち返せるので、相手の回転をしっかり見極められるように意識しましょう。

フォームのチェックの際も相手に助言してもらうことが出来るのでとても重要な練習です。

カット、スマッシュの感覚を磨く際には強さや長さを調節してもらって1球1球大切に練習しましょう。

さらに、慣れてきたら実際の試合を想定し、フォアハンドへの動きも取り入れた練習をすることも重要です。

私は卓球を始めたてのころ、ずーっとバックで打っていたら練習相手に笑わてしまいました。

やはり、フォアで強く打てないといけませんね。

まずは1球練習でしっかりとした打ち方を身につけられるようにしましょう。

次はラリー練習です。

ラリー練習では、お互いにミスをなくすことを意識しましょう。

決めるのではなく、続けることが大事です。

ラリー練習で決めに行くととても嫌われます。(経験談)最初はゆっくりでいいので、100回続けられるようにしましょう。

慣れてきたら、ペースを早くしていきます。

ハイペースで100100回続けられれば、試合でもミスが減り安定します。

フォア、バックというようにフォームの連携もしたうえで続けられるようになれば試合での動きがスムーズになります。

最後は壁打ちです。

練習の際に相手が居ればいいのですが、どうしても相手が居なかったり、自宅などで一人でしか練習できないときの練習法ですが、メリットがあります。

それは相手に合わせる必要がないことです。

たとえば、自分でペースを上げていき、徐々に速いボールを打ち返す練習も出来ますし、速いボールを打ち、返ってくるスピードボールを打ち返すことでスマッシュへの対応も磨けます。

カットやスマッシュを打つ際の距離感も1球練習ほどではないですが、磨くことが出来ます。

また、バック、フォア、といった判断と動きの連携も養うことが出来るので、地味な練習ではありますが、工夫することでやり方を改善し、上達にもつながるのでしっかりと行うようにしましょう

まとめ

バックハンドではまず体の正面でボールをとらえ、肘を支点として打つことが大切です(スマッシュを除く)。

また、いろんな打ち方によってラケットの角度が異なるので、取得したい打ち方を重点的に練習していきましょう。

バックハンドを身につけることで自分の卓球の幅が広くなり、試合を有利に進められるようになります。

また、試合ではフォアとの連携が大変重要なので、スムーズな動きをマスターし、どんな球を打ってこられても最適な返し方で返せるようになれば勝利がぐっと近づくことは間違いないのでしかり練習していきましょう。

シェアする

フォローする