W杯2018試合結果【グループF】スウェーデンVS韓国

シェアする

スウェーデン、韓国を無得点に抑えVARによって得たPKを活かし韓国を撃破

高さを武器に堅守を誇るスウェーデンが韓国に決定的チャンスを与えず、枠内シュートを0本に抑えシャットアウト勝ち。

韓国は、イングランドプレミアリーグでも活躍する、エースのソンフンミンが本領発揮とはいかず、痛い敗戦となりました。

試合ダイジェスト

前半は、両リームともになかなかチャンスが作れない中、スウェーデンに決定的なチャンスが生まれます。

前半21分、ペナルティーエリア内でトイボネンが出したスルーパスに反応したベリがフリーでダイレクトシュート。しかしながら韓国GKチョ ヒョヌのスーパーセーブにより、決定機を活かすことができませんでした。

一方韓国は、ソンフンミンのスピードを生かして攻撃を仕掛けていきますが、なかなかゴールを奪うことができず時間が経過していきます。

後半に入っても、スウェーデンは韓国GKチョ ヒョヌの活躍により、なかなか得点が奪えませんが、後半20分に試合が動きました。

スウェーデンは左サイドからアウグスティンソンがゴール前にクロスを上げます。クロスはGKにはじき出されますが、そのこぼれ球を拾おうとしたクラエソンがペナルティーエリア内で韓国DFキム ミヌに倒されます。

一度流されますが、その後VAR(ビデオアシスタントレフェリー)の判定によりPKを獲得。キャプテンのグランクビストがゴール右隅にきっちり決め、スウェーデンが1点を先制します。

その後、韓国は1点返すべくソンフンミンを中心に攻撃を仕掛けていきますが、スウェーデンの堅い守りにより、なかなかシュートまで持ち込むことができません。

そのままスコアが動くことなく、1-0でスウェーデンが韓国の攻撃を抑え勝利しました。この試合のシュート数は、スウェーデンの15本に対し韓国は4本のみ。枠内シュートは0本という結果に、点差以上に差がついた試合内容でした。

W杯特設ページへ戻る

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする