W杯2018試合結果【決勝トーナメントベスト16】 日本VSベルギー

シェアする

日本代表、2点先制するも逆転負けでベスト16で敗退

日本代表は原口、乾のゴールで2点先制。しかしフェライニの高い打点からのヘディングゴールや終了間際のカウンターで逆転され、史上初のベスト8進出ならず。

【試合ダイジェスト】

史上初のW杯ベスト8進出をかけてベルギー戦に臨む日本。
守勢に回る時間帯が多いと予想されていますが、下馬評を覆すビックチャンスを掴めるか注目されます。
対するベルギーはアザール、ルカクといった世界屈指のタレントを擁し世界ランク3位の強豪。
全グループリーグ最多9得点の攻撃力を武器に日本ゴールへ迫ります。

日本は前半、ベルギーに押し込まれる時間、場面も数多くありながら、ディフェンス陣の奮闘もあり無失点。
乾の惜しいヘディングシュートやカウンターから攻撃もありましたが無得点。

前半はスコアレスで終了

後半開始。試合は激しく動きます。
後半3分。日本先制!
柴崎がセンターサークルからスルーパス。ベルトンゲンが処理をもたつき、原口ペナルティエリア右からシュート。ゴール左隅に突き刺さりゴール!

後半7分。日本が追加点!
中央で受けた香川から乾にパス。ペナルティエリア手前から右足を一閃。
強烈な無回転シュートがゴール右隅に決まります。

ベルギーが反撃に向けて選手交代。
後半20分。メルテンスに変えてフェライニ、カラスコに変えてシャドリを投入。

後半24分。ベルギーがゴール!
ゴール付近のクリアボールをベルトンゲンがペナルティエリア左からヘディングシュート。
ゴール右奥に決まり1点を返します。

後半28分。ベルギー同点!
アザールが左サイド深くからクロス。長谷部、吉田に挟まれながらもフェライニが高い打点からヘディングシュートをたたき込みベルギーが同点に追いつきます。

日本も選手交代。
疲れの見える原口、柴崎に代えて本田、山口を投入。逆転を狙います。

アディッショナルタイムは4分。
後半48分。
FKを獲得し、本田の無回転シュートがゴールに迫りますが、GKクルトワがセーブ。

後半49分。ベルギー逆転!
本田のコーナーキックをキャッチしたGKクルトワから素早くカウンター。
ムニエからのグラウンダーのクロスをルカクがスルー、シャドリがフリーで決めて逆転に成功。

試合終了。
2-3で日本が逆転負け。
日本は原口、乾の素晴らしいシュートで先制するも、ロングボールなどで押し込まれ数分間で同点、アディッショナルタイムにベルギーに逆転を許してしまいました。初のベスト8には届かず敗退となりました。

W杯特設ページへ戻る

シェアする

フォローする