W杯の前にもう一度おさらい!サッカーのルール解説(1)ー基本ルールとポジション

シェアする

2018年6月、サッカーW杯がいよいよロシアで開催されます。2017年12月2日にグループステージの組み合わせが行われ、我らが日本代表は「コロンビア・セネガル・ポーランド」と対戦することになりました。

近年、サッカー人気が高まっていますが、正直「ルールがいまいちわからない。」という方も少なくないでしょう。

そこで、2018年W杯をより楽しむために、今回は超基本的なルールをご紹介します。

サッカーのルールについて

サッカーは基本的には「手」を使わずにボールを蹴りあい、相手のゴールに入れるスポーツです。

得点方法

サッカーの得点方法はとてもシンプルです。

相手のゴールにボールが入れば自分のチームに「1点」

自分のゴールにボールが入れば相手のチームに「1点」が入ります。

基本的には相手のゴールにボールを入れるのですが、誤って自分のゴールにボールを入れてしまった場合(オウンゴール)は相手のチームに「1点」が入ります。
*サッカーではその特性上、オウンゴールはかなりの確率で発生しています。

試合時間について①

サッカーは野球などとは違い「攻撃」と「守備」が完全に分かれてはおりません。

よって試合時間は決まっており「前半45分」「後半45分」の合計90分間の戦いとなります。

必ず90分間の戦いとなりますので、点差が開いたから終わりという訳ではありません。

*2002年の日韓大会・オセアニア予選においてオーストラリア代表がアメリカ領サモア代表を31-0で破った試合がありますが、いくら点差が離れようと90分間は戦い続けなければなりません。サモア代表にとっては、かなり厳しい試合でした。

試合時間について②

延長戦は基本的にありませんが、上記したように必ず90分間戦わなければなりません。

例えば前半45分の間にファウル(ルール上の違反)や選手や怪我をして倒れてしまい(サッカーではよく怪我が発生します。)試合が中断してしまった場合は、その分の時間をアディショナルタイムといい、45分間+@の時間が発生します。アディショナルタイムは大抵1分〜5分程度発生します。

人数について

1チーム11人制で戦います。W杯ではベンチメンバーを含めると23名となります。
11人対11人で戦い、ベンチメンバーの残り12名は交代によって出場することができます。

交代することが出来るのは1チーム3人までです。

つまり1試合において、合計14人までしか試合に出ることは出来ません。
残りの9人は試合に出ることが出来ない訳です。

選手としては試合に出ることが仕事なので、ぜがひでも最初の11人の中に入りたいというのが本音でしょう。

シェアする

フォローする