W杯2018試合結果【準決勝】 クロアチアVSイングランド

シェアする

クロアチアが逆転でイングランドに勝利!

史上初の決勝戦へ進出。

3試合連続となる延長戦を戦い抜き2-1で勝利。イングランドは52年ぶりの決勝進出ならず。

【試合ダイジェスト】

クロアチアの予想フォーメーションは4-2-3-1。クラマリッチに替えてブロゾビッチが先発します。

イングランドの予想フォーメーションは3-3-2-2。準々決勝と同じメンバー。得点ランキングトップの6得点を挙げているケインが2トップの一角に入ります。

試合開始早々、前半5分。イングランド先制!

スルーパスを受けたデレ アリがペナルティエリア手前で倒されFKを獲得。

キッカーのトリッピアーが右足でシュート。壁を越えてゴール右上に突き刺さり、イングランドが先制します。

ここまで11ゴール中8得点がセットプレーからと、強さと正確性を見せつけます。

反撃したいクロアチアは前半19分、23分と立て続けにゴールを狙うも、ボールは枠を捉えきれません。

反対にイングランドはデレ アリが自由に動きチャンスを作り、前半はイングランドが押し気味に試合を進め終了。

後半23分。クロアチア同点!

ラキティッチがサイドチェンジでブルサリコにパス。右サイドからクロスを上げると、ゴール前でペリシッチが左足で合わせ、クロアチアが遂に同点に追いつきます。

更に27分にはレチッビからのプレッシャーからキックミスを誘発。ペリシッチが拾いペナルティエリア内から左足でシュート。ボールは右ポストを直撃、こぼれ球をレビッチが狙うもGKピックフォードがセーブ。

クロアチアが積極的なプレスを仕掛け、イングランドを押し込む場面が増えます。

後半は1-1で終了。

クロアチアは3戦連続で延長戦に突入します。

延長に入ってからもプレスを仕掛け、プレッシャーをかけ続けます。

延長後半5分。クロアチアが遂に逆転!

クロスの跳ね返りをペリシッチがヘディングでゴール前へ。

マンジュキッチの左足のシュートが決まりゴール。

延長後半アディッショナルタイムは4分。

イングランドはパワープレーで最後の猛攻を仕掛けますが、得点には繋がらず2-1でクロアチアが勝利。

→W杯特設ページへ戻る

シェアする

フォローする