W杯2018試合結果【3位決定戦】ベルギーVSイングランド

シェアする

『黄金世代』ベルギーが2-0でイングランドに勝利

ベルギーがアザール、ムニエのゴールで3位決定戦を2-0で制し、

史上最高位の3位で大会を終えました。

【試合ダイジェスト】

ベルギーの予想フォーメーションは3-4-2-1。準決勝は累積警告により不出場だったムニエが先発に復帰。フェライニに替わってティーレマンスが先発出場。

イングランドの予想フォーメーションは3-3-2-2。準決勝から中2日で迎える厳しい日程もあってか、先発メンバーを5人変更。スタメン全員が20代と次世代を担う若いメンバーで臨みます。

試合開始、前半4分。ベルギー先制!

ボールをキープしたルカクからシャドリにスルーパス。左サイド深い位置からのクロス。ムニエが滑り込みながら右足でボレーシュートをゴールに突き刺し、ベルギーが先取点を奪取します。

反撃したいイングランドはボールを保持しながらベルギー陣内に押し込みますが、引いて守る守備陣を崩しきれません。前半20分には得意のセットプレーからCKをマグワイヤがヘディングで狙うもGKクルトワの正面でゴールならず。

対するベルギーは守備を固めながらもカウンターを仕掛け、34分にはデブルイネがドリブルで長い距離を持ち上がりシャドリにパス。ゴールには繋がらず、このプレーでシャドリが左足を痛めベルマーレンと負傷交代となります。

前半は1-0ベルギーのリードで終了。

後半開始。ベルギーは選手交代は無し。

イングランドはローズからリンガード、スターリングからラッシュフォードに選手交代。

リンガードが積極的にボールに絡み、サイド攻撃を中心に攻勢をかけます。

後半6分にはFKをトリッピァーがGKとDFの間にボールを送りチャンスを迎えるも、ベルギーDFベルトンゲンが足を伸ばし懸命にクリアします。後半11にはベルギーがカウンターからルカクに決定機。しかしトラップが大きくなりGKピックフォードがセーブ。

後半15分。ルカクからメルテンスに選手交代。ポジションは変わらず1トップの位置に入ります。

後半25分にはイングランドにビックチャンス!

ダイアーがラッシュフォードとのワンツーからGKクルトワと一対一となり、クルトワの頭上を越えるループシュートを放つもDFアルデルワイレルトがゴール寸前でクリア。

後半37分。ベルギーが追加点!

デブルイネがドリブルで持ち上がりアザールにスルーパス。ファーストタッチでDFの前に入りGKピックフォードと一対一に。

ゴール左、ニアサイドに蹴り込み試合を決定づける追加点の奪取に成功します。

イングランドも反撃を試みますが、スコアは変わらず2-0で試合終了。

ベルギーが3位となりました。

W杯特設ページへ戻る

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする