W杯2018試合結果【決勝】 フランスVSクロアチア

シェアする

フランスが20年ぶりの優勝!

初優勝を狙うクロアチアを4得点で撃破。

グリーズマン、エムバペ、ポグバらがゴール。

圧倒的な攻撃力を発揮し、1998年自国開催以来、2度目の優勝を果たしました。

【試合ダイジェスト】

フランスの予想フォーメーションは4-2-3-1と準決勝と同じメンバー。FWジルーに今大会初ゴールが生まれるか、エムバペ、グリーズマンが得点王に近づけるかにも注目です。

対するクロアチアの予想フォーメーションは4-1-4-1。

決勝トーナメントから3試合連続で延長戦と、『一試合分』多く戦っている為コンディションが不安視されていますが、史上初の優勝へ向けて決戦に臨みます。

前半序盤はクロアチアがボールを保持し、長短のパスを織り交ぜながら、フランスを押し込みます。しかしフランスが反撃。グリーズマンが倒されFKを獲得します。

前半18分、フランス先制!

FKからグリーズマンが絶妙なボールをゴール前へ送ると、クロアチアFWマンジュキッチの頭をかすめオウンゴールを誘発。

幸運な形で先制点を奪取します。

早い時間帯に同点に追いつきたいクロアチアも攻勢を続けます。

前半28分、クロアチア同点!

ペナルティエリア手前中央からのFKをモドリッチが右サイドのブルサコリヘ。頭で中央に折り返し、混戦からペリシッチが受けて切り返し、左足からのシュートをゴール右に突き刺しゴール!

同点に追いつき更に攻勢を掛けたいクロアチアですが、またもセットプレーから得点を奪われます。

フランスの右CKをペリシッチがクリアしたかに見えましたが、VARにより判定が覆りPKを獲得。

前半38分、フランス逆転!

グリーズマンが冷静にPKをゴールに流し込みます。

前半は2-1、フランスのリードで終了。両チームの全ての得点がセットプレーから生まれています。

後半序盤もクロアチアが攻勢を掛けます。

積極的なプレスからフランスDFの背後を狙い、レビッチの惜しいシュートなど立て続けにチャンスを迎えるももゴールならず。

後半14分、フランス追加点。

ポグバから右サイド深く、エムバペへスルーパス。スピードに乗ってペナルティエリアに進入しグラウンダーのパス。

競り合いからのボールをグリーズマンがポグバに落としミドルシュート。ブロックされるも再度左足インサイドへゴール左に蹴り込みゴール。

後半20分、フランス追加点。

エルナンデスが左サイドからドリブルで持ち上がり、ペナルティエリア手前中央のエムバペへパス。

ワンタッチで切り返しゴール左へ強烈なシュートを蹴り込みゴール。GKスバッチは反応できませんでした。

フランスがリードを3点に広げますがクロアチアも諦めません。

長い距離を走ったマンジュキッチのプレスがGKロリスのミスを誘い、マンジュキッチの右足に当たりゴールに吸い込まれます。

クロアチアがリードを2点に縮めます。

フランスのカウンターに合いながらもクロアチアが猛攻を続けるも、4-2でフランスが逃げ切り勝利。

20年ぶりの優勝に輝きました。

W杯特設ページへ戻る

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする