甲子園球場で高校野球を観戦したい!入場料はどのくらいかかるの?

シェアする

今年の夏の甲子園は100回大会という記念大会です。

南北北海道、東西東京、各都道府県、21世紀枠といった通常の出場権に加え、埼玉、神奈川、千葉、愛知、大阪、兵庫、福岡は1代表制から2代表制に代わり、より多くの強豪校、魅力のある高校が出場できることになりました。

激戦や好カードに期待できるこの大会を機に甲子園観戦を始めたいと思っている方も多いでしょう。

そこで今回は気になる入場料や各席ごとの値段などについて触れていきたいと思います。

高校野球の前売り券が売れ切れてしまうその前に!


夏の甲子園を観戦するにあたって入場券が必要になります。

入場券は当日に阪神甲子園球場入場券販売窓口で買うことのできる当日券と前売り券の二つに分けることができます。

当日券とは字のごとく、当日に席を購入することです。

買うことのできる席は、中央特別席、各特別席、アルプス席、外野席です。

値段も600円から2000円と幅広いです。

気分によって座席を選び、買うことができますが、もしかしたら……ということがあるかもしれません。

そのため心配を払しょくできるのが、前売り券制度です。

販売開始や販売終了期間は決まっていますが、この席で見たいという人がいれば、購入するのも考えてみてみてもいいでしょう。

前売り券には、前売り単日券というものがあります。

これは、ローソンなどのコンビニで、来場希望日を選択して購入するものです。

取れる席は、1塁特別自由席と、3塁特別自由席です。

お値段の方は、どちらも、一般の方が1500円、こどもが600円となっています。

場所は、各チームのベンチ上やその周辺と考えてもらっていいでしょう。

販売日は、準々決勝の試合までは、7月17日から試合前日の18時まで、準決勝、決勝は準決勝前日から、試合前日の18時までとなっております。

注意点としては、一度購入した券は、第一試合が成立しなかった場合以外払い戻しができないこと、枚数が決まっていることでしょう。

天気なども気になりますが、日程などがお分かりの方は購入することを考えてみてもいいかもしれません。

高校野球ファン必見!?通券やその他の前売り券


単日券のほかにも前売り券として購入できるものもあります。

高校野球を長い期間見たい方は、通し券。

誰かと一緒に見たい方は、ボックス券やペア券、アルプスデッキ券。

このように、それぞれのニーズに合った券もあります。

通し券とは、何日か分の入場券のことです。

種類としては、第1日目から第3日目までの3日分と第4日目から第7日目の4日分となっております。

それ以降は、単日券のみとなっております。

値段としては、中央特別席が26000円、1,3塁特別自由席が19500円となっております。

値段を見ると、全日程を単日券で購入するよりも、中央特別席が2000円、1,3塁特別自由席が1500円ほど安くなっております。

販売場所としては、阪神電鉄梅田駅改札横、ミズノ大阪店、久保田運動具店、神戸そごう地下一階入り口横、朝日ビルディング神戸支店、京都支店、名古屋支部エスポートミズノ4階、朝日旅行東京支店、朝日新聞社内支店、阪急福岡団体支店、アサヒ販売サービスなどの店頭です。

注意点としては、払い戻しができないことと料金が大人とこどもで変わらないということです。

高校野球をじっくり楽しみたい方は購入を検討してみることをおすすめします。

何人かで一緒に行ってワイワイ甲子園を楽しみたい方は席をいつか購入することができる券もあります。

まずは、ボックス席。

これは、5人席と4人席があります。

両席共に、1,3塁特別自由席にあります。

値段は、4人席が8000円から9000円、5人席が10000円から13000円です。

誰かと二人で見たい場合は、ペア席を購入することができます。

場所は、中央特別席最上段にありtvカウンター付きの席で飲食をしながら観戦することができます。

値段は、6000円となっております。

次にアルプスデッキ席。

場所は、1,3塁アルプス席の最上段にあります。

この席は、1区画16名様ごとの購入となります。

2区画全部購入することによって、32人という大人数で甲子園を観戦することができます。

値段は1区画16000円となっております。

また、アルプスデッキ席は、あまりがあれば、当日券の発売もあります。

注意点としては、払い戻しができない、買える日時が決まっているということです。

各前売り券は、コンビニで購入することができます。

いける日や誰かとワイワイ観戦したいと思う方は、購入を検討してみてもいいかもしれません。

まとめ

100回記念となる甲子園は楽しく、ワイワイ楽しんで記憶に残る大会にしたくはありませんか。

当日券ではとることができなかったあの席を前売り券ならばとることができるかもしれません。

甲子園の楽しみ方や迫力は、席によって大きく変わってきます。

試合を見れなくて後悔した、前売り券取っておけばよかった。

そんな公開はしたくないですよね。

野球好きの方も甲子園に初めて触れる方も、前売り券を有効活用しましょう。

そして、充実した甲子園ライフを送ってください。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする