インナーマッスルのおすすめのトレーニング方法!より効果的に鍛え上げるには?

シェアする

怪我予防やダイエットで「インナーマッスルを鍛えるといい」と聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

しかし「インナーマッスルって何?どこの筋肉?」と、何が何だかさっぱりの人も少なくないでしょう。

私もそんな一人でした。

しかし体を美しく鍛えるためにはインナーマッスルを意識することが、とても大切です。

今回はインナーマッスルについてと、インナーマッスルのおすすめトレーニングを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

インナーマッスルって何?簡単に鍛えられるの?

インナーマッスルとはどこの筋肉のことなのかご存知でしょうか。

インナーマッスルというくらいですから、「中の方の筋肉?」と想像できるでしょうが、そうです。

インナーマッスルとは、言葉の通り、外からは見えない内部の、中心部に近い筋肉の総称です。

深層筋とも言います。

体のあらゆるところにインナーマッスルは存在しています。

インナーマッスルはしっかりと鍛えてあげることによって、体を安定して動かすことが出来るようになり、綺麗に引き締まった体を作ることが出来ます。

また基礎代謝も上がり、脂肪が燃焼しやすい痩せやすい体を作ることが出来ます。

綺麗に体を鍛えるなんて体つくりには理想的ですよね。

トレーニングをして体重を落とすことも大切ですが、理想は引き締まった美しい身体を手に入れることでしょう。

どんなに体重を落としても、ガリガリだったりお腹だけがたるんでいては残念ですからね。

しかし、このインナーマッスルは簡単に鍛えることができるのでしょうか。

内部の筋肉のためにもの「すごく疲れそう!」とイメージする人もいるかもしれませんが、その反対なのです。

インナーマッスルはのトレーニング方法は、負荷をかけない、疲れるまでトレーニングしない、この2点がポイントです。

そう言われると簡単に取り入れられそうですよね。

しかしインナーマッスルは普段の筋トレとはトレーニング方法が全く違うので、ポイントをしっかり理解して取り組まなければなりません。

インナーマッスルをトレーニングしよう!おすすめの器具とは?


自宅で簡単にインナーマッスルを鍛えるためには器具を用いてトレーニングするのがおすすめです。

その中でも、今回は簡単でトレーニングしやすい器具を紹介します。

①ダンベル

ダンベルは1kgから3kg程度のものを使用しましょう。

インナーマッスルを意識しながらダンベルを上下させたり、ダンベルを持ちながら肩を動かすことによって、引き締まった背中を手に入れることが出来ます。

②トレーニングチューブ

ただのゴムと侮ってはいけません。

ゴムを伸ばしたり戻したりすることによって、簡単にインナーマッスルを刺激することができます。

③チンニングスタンド

場所をとるために購入するか迷うところですが、懸垂もインナーマッスルを刺激してくれます。

チンニングスタンドは肩や腕はもちろん腹筋も鍛えることが出来るため、本格的に体を鍛える場合は購入してみてもいいかも入れません。

④腹筋ローラー

腹筋ローラーは、腹筋はもちろん、全身の筋肉が鍛えることが可能です。

腹筋以外にも背筋や上半身全身も使うので、全体的に効果が見られます。

インナーマッスルトレーニングのおすすめメニュー

では、インナーマッスルトレーニングのおすすめのメニューをご紹介します。

これで全身をバランスよく鍛えることが出来ます。

①プランク

全身の筋肉をバランスよく引き締めることが出来ます。

体を直線にすることによって骨盤を安定させます。

1.うつ伏せになり、肩の位置の真下に肘をつきます。

足は骨盤の幅に開いて、つま先を立てます。

2.お尻を上げて頭から足先まで一直線になるよになったら、その姿勢のままキープします。

3.30秒~1分を1セット、3~5セット繰り返します。

慣れる前は5秒から始めて徐々に時間を延ばしていきましょう。

②ドローイング

ポッコリお腹におすすめです。

ふっきんの深い部分の筋肉を刺激します。

1.背筋を真っすぐに伸ばします。

(立っていても座っていてもどちらでもかまいません。)

2.鼻からゆっくりと息を吸い込みます。

3.腹式呼吸のように、息を吸い込んだらお腹を膨らませ、一旦息を止めます。

4.腹式呼吸と同じようにゆっくり息を吐き、お腹を引っ込ませます。

これを3から5セット挑戦してみましょう。

③スクワット

スクワットはインナーマッスルもアウターマッスルも効率よく鍛えることが出来ます。

正しいスクワットは腹筋の何倍もの効果があるといわれているので、トレーニングに取り入れると良いでしょう。

1.足幅は骨盤と同じ幅に開きます。背筋を伸ばしてまっすぐに立ち、腕は胸の前でクロスするとスクワットがしやすくなります。

2.そのまま椅子に腰掛けるように、腰を下ろします。3から5秒キープします。

ま と め

いかがだったでしょうか。

インナーマッスルのトレーニングは間違ったやり方だと、効果が半減してしまうため、動画を見ながら覚えることをおすすめします。

ちょっとコツを掴めば、どれも簡単にできるトレーニングばかりなので、ぜひチャレンジしてみてください。

そして引き締まった美しいからだが出来るといいですね。

応援しています。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする