スケートデートに行こう!おすすめの服装の紹介

シェアする

なんだか最近デートがマンネリ、何か新しいことをしたいと考えているあなた!

スケートデートはいかがでしょうか?

スケートは彼女が慣れていない場合は、自然と手を繋げたり、コミュニケーションの取りやすいスポーツのひとつなんです。

実は夏でも冬でも楽しめるスケートリンクも多くあり、涼むためにスケートリンクへ行くのも楽しいですよ。

しかしスケートってどのような格好をすればいいのか悩みますよね。

氷の上だから厚着をするべきか、でもそれだと着ぶくれしてしまったり、転んだ時を考えて服装を決めるとダサい恰好になってしまうのではないか等、今回はそんなお悩みを解決します!

スケートデートのためのおすすめの服装【女性編】

まずスケートデートでのNGファッションはストッキングや薄手のタイツです!

氷の上は滑ることによってできた傷で意外とデコボコしています。

そんな氷の上で転んでしまった場合、ストッキングや薄手のタイツは破れてしまいます。

せっかくのデートでお気に入りのタイツが破れてしまったらテンション上がりませんよね。

他には厚手のコートや長いコートです。

氷の上だから寒いイメージがあるでしょうが、滑っている内にあっという間に暑くなりますし、厚手のコートは動きにくいため向いていません。

コートはロッカー等に預けておくといいでしょう。

他にNGはありません!意外かもしれませんが、スカートでも大丈夫ですよ。

スカートの場合は厚手のレギンスを下に履きましょう。

素足のままで転んでしまうと、怪我をしてしまう可能性があるので、肌を守るためにもレギンス、もしくは厚手のタイツにしましょう。

スカートは転んでしまったときにスカートの中が見えるのは恥ずかしい、という人はスキニーパンツなど伸縮性のあるパンツがおすすめです。

ジーンズやスキニーは厚手で転んだ時も安心です。

色は濃いものを選べば、もし濡れてしまっても目立ちません。

さらにスキニーは脚の形がよくわかるため、足長効果も狙えます。

またスケートをしていると自然と姿勢も良くなるので、それもありスキニーでスケートをすると、スタイルがいつもよりも綺麗に見えることがあります。

ぜひお試しください。

トップスは首回りが温かいものを選ぶといいですよ。

タートルネックや首回りが広く出ていないニットやスウェット生地のものもいいでしょう。

薄手でスッキリさせたい人は下にヒートテックやババシャツなどを着て工夫しましょう。

他には手袋は持っていきましょう。

転んだ時に頭を守るためにも帽子があってもいいでしょう。

手袋や帽子でイメージはずいぶん変わるので、ぜひお気に入りのものをチョイスして持っていくといいでしょう。

夏も同じような格好が望ましいでしょう。

しかし夏の場合はリンクから出てしまえばとても暑いので、普段着の上から羽織れるものが望ましいでしょう。

パーカーやカシミヤのカーディガン等、薄手のダウンジャケットを持っていくといいでしょう。

スケートデートのためのおすすめの服装【男性編】


男性は女性に比べて注意することはありません。

女性と同じでコートはロングコートや厚手のコートは避け、ダウンジャケット等の軽くて速乾性のある素材が好ましいでしょう。

ボトムスもジーンズでも構いませんが、伸縮性のある生地のほうが動きやすくてスケートをしやすいでしょう。

女性と同様に手袋は必要です。

頭を守るために帽子もあれば用意するといいでしょう。

普段、あまりペアルックなどをしない人も、手袋やちょっとした小物をお揃いにしてスケートデートをすると盛り上がるかもしれません。

彼女に提案してみてはいかがでしょうか。

また夏場はサンダルという人が多いでしょうが、必ず靴下は持っていきましょう。

足はアイスリンクと近い分、しっかりと防寒をしないとかなり冷えます。

貸し靴を履くためでもありますが、靴下は用意していきましょう。

スケート靴のサイズの決め方とは?

スケート靴のサイズは普段はいている靴と同じでいいのか悩むところですよね。

スケート靴は大体、普段はいている靴の+0.5㎝くらい大きめのものを選ぶといいでしょう。

スケートをするときは厚手の靴下を履くこともあるでしょうし、スケート靴はぴったりだと冷えます。

そして靴もつま先が少し小さめに作られているため、普段と同じサイズだと履きにくい可能性があります。

少し大きければ紐をきつく縛って調節してみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

スケートはバスケットやサッカーのように激しく動かない分、どのような格好でいけばいいのか悩んでしまう人も少なくないでしょう。

今回紹介したように、怪我をしにくい恰好であればどんな格好でも構いません。

その為、かわいくも、かっこよくも出来ると思います。

せっかくのデートですから、スケートデートを思いっきり楽しんで2人の距離がグッと近づくといいですね。

応援しています!

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする