ダンベルのオススメの使い方【女性向け】自宅でダイエットや筋トレに!

シェアする

年を重ねる毎に段々と痩せづらくなり、気が付けば二の腕はプルプル、お腹はぽっこり、10年前では考えられないような体型になっている人も少なくないでしょう。

なんとかダイエットをしたいけれど毎日忙しいし、何だかんだ無理してダイエットをしたくないあなた…!

そんなズボラなあなたに、ズボラな私から簡単にできるダンベルダイエットをご紹介します!

ダンベルはそんなに大きくないので、リビングや寝室など、すぐに使えるところに置いておくのがポイントですよ!

では、Let’s try!!

ダンベルでダイエット!女性にオススメのダンベルの使い方

まずダンベルの重さは1kgから1.5kg程度がおすすめです。

あまり重過ぎると持つだけで大変で、つい億劫になる可能性もあります。

ですので、まずは軽いものから始めて、慣れたら重くしていくといいでしょう。

そして「ながら運動」できる使い方が最初はおすすめです。

ダンベルは簡単な工程で、テレビを見ながらでもできる運動が多いです。

そう考えるとダンベル運動はとても魅力的に感じませんか?

そしてダンベル運動は軽いものだと負荷がかかりにくく、引き締まりにくいと考えている人もいるのではないでしょうか。

いいえ、軽くていいのです!

重いと負荷がかかりすぎてムキムキになってしまいますからね。

筋肉がある女性も魅力的ですが、できれば女性らしい美しく引き締まった体のラインだと嬉しいですよね。

ダンベル運動はインナーマッスルを鍛えることができます。

インナーマッスルとは、筋肉の内部にある筋肉で、インナーマッスルを鍛えることによって、体を美しく引き締めることができます。

そのためダイエットにはインナーマッスルを鍛えることが有効です。

ダンベルは、軽い負荷をかけながらゆるく運動ができるため、インナーマッスルを鍛える面でとても有効なのです。

ダンベルは上下に動かしたり、持ちながらスクワットをしたり、とても簡単にインナーマッスルを鍛えられるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

ダンベルは使い方によっては腕だけでなく腹筋や背中、ウエストを引き締めてくれるんですよ。

次に具体的な使い方をご紹介します。

ダンベルで筋トレしよう!引き締まった美ボディを手に入れるダンベルの使い方

ダンベルプレス

台を使って行うとよりいいのですが、寝ながらも出来る運動です。

寝転んでダンベルを上下に動かします。

肩甲骨を寄せることを意識してください。

やや顎を引いて行うと効果が出やすいですよ。

これは大胸筋を中心に、上半身の押す筋肉全体に効果があり、バストアップが望めます。

さらにスッキリとした背中を作ることも出来ます。

20回×3セット頑張りましょう!

ダンベルスクワット

ダンベルスクワットは下半身をスッキリさせるだけでなく、新陳代謝を高めてくれるため、高いダイエット効果のある運動のひとつです。

ダンベルを持ってスクワットをするのもいいのですが、椅子などに片足を乗せて上下するだけで、簡単に負荷をかけることができます。

スクワットが上手くできない人も、普通にスクワットをするよりも支えがある分、最初はこちらの方がやりやすいでしょう。

20回×2セットが理想的です。

ダンベルクランチ

ダンベルクランチは腹筋を鍛えることが出来ます。

寝た状態でダンベルを持って体を少し起こす、それだけです。

腹筋ですと、しっかり体を起こさないといけない分、苦手や大変だとかんじる人もいるでしょう。

しかしこの方法ですと、上半身を少し起こす程度なので、気軽にできるのではないでしょうか。

腹筋を鍛えることによって、ぽっこりお腹を解消できます。

ぽっこりお腹は洋服を着るときや、つい目に入ったときに落ち込んだり、テンションが下がりますよね。

しっかり鍛えて解消しましょう。

ダンベルサイドベンド

ダンベルサイドベントは横腹にあたる斜腹筋に効果的です。

すっきりとしたくびれが作れるメニューになっています。

やり方は簡単で、片手にダンベルを持って、上半身を、ダンベルを持っていない側方にゆっくりと傾けるだけです。

しっかりと呼吸をしながら運動すると、より効果がアップしますよ。

こちらもとっても簡単で、テレビを見ながらでもできますね。

ま と め

いかがだったでしょうか。

ダンベルは筋肉がついて反対に太くなりそう、ムキムキの筋肉を使うための道具と考えている人もいますが、軽めのダンベルをゆるーい運動に使うことによって、ほっそりとした体を手に入れることが出来るんですよ!

体重だけが落ちたガリガリよりも、しまっている所はしまっている、美しい体はどの年代でも手に入れたいひとつだと思います。

何より、たるんだ体よりも引き締まった体の方が断然若く見られます!一緒にダンベルダイエットを頑張りましょう!

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする