おすすめスノーボード板ランキング!人気の板はこれ!

シェアする

「今年の冬はお気に入りのスノーボード板で思いっきり楽しみたい」そう思っている人はいませんか?

でもスノーボードを始めたばかりの初心者さんは、どんな板を選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、スノーボード板の上手な選び方と初心者さんにおすすめのスノーボード板ランキングTOP5をご紹介します。

スノーボード初心者さんにおすすめの板とは?

スノーボードの板には「ディレクショナルツイン」「ディレクショナル」「ツインチップ」の3種類があります。

普通に滑りたいという人はオーソドックスなディレクショナルツインがおすすめ、ノーズとテールが同じ形状になっていて、ビンディングの位置もテール寄りに設定されているので、初心者さんには一番扱いやすい板です。

スピード重視で滑りたいという人にはディレクショナルがおすすめ、高速で滑っても安定しやすく設定されていて、ノーズとテールの形状が異なりビンディングの位置はテール寄りにあるのも特徴です。

トリック系の技を決めたいという人にはツインチップがぴったり、特にスノーボードパークなどでの使用に向いている板です。

実際に板を購入する際は、以下の三つの点にポイントを置いて選ぶのが失敗しないコツなので、初心者さんはチェックしておいてくださいね。

スノーボード板の硬さ

スノーボードではターンやジャンプをする時に、板をずらしたり撓ませたりという動作を行います。

スノーボード用の板には、固めのものから柔らかめのものまで様々な種類がありますが、初心者さんや女性の方には柔らかめの板がおすすめです。

スノーボード板の長さ

スノーボード用の板を選ぶときは、板の長さも慎重に選ぶのがベターです。

目安となるサイズは、「自分の身長より15㎝程度短い長さ」扱いやすさでは短い板の方が優れていますが、長い板の方が安定性は優れています。

どちらにも一長一短あるので、悩んだ場合はショップの店員さんに相談してみるのもいいですね。

板・ビンディング・ブーツはセットがおすすめ

ショップに行くとお手頃価格の板からかなり高価な板まで、たくさんの板が並んでいるので目移りしてしまうと思います。

高価な板を選べば間違いないかといえば、必ずしもそうではありません。

高価な板にはスノーボーダーの様々なニーズに合わせて、細かい設定がされているものが多く、残念ながら初心者さんが使いこなすのはかなり難しいといえます。

値段だけにこだわらず、自分の実力に合った板を必要に応じて買い換えた方が、スノーボードの上達は早くなるケースが多いです。

初めて板を買う初心者さんには、板・ビンディング・ブーツ3点がセットになったものがおすすめ、ほとんどのメーカーが出しているので気に入ったものを選ぶのといいですよ。

スノーボード初心者さんにおすすめの板ランキングTOP5

011Artistic

北海道の人なら誰でも知っている「011」これは札幌市の市外局番がブランド名に含まれた純国産のスノーボードブランドです。

板の扱いやすさは評価が高く、初心者さんにもおすすめのブランドです。

中でも「011Artisticダブルスピン」は、軽く柔らかめの板なので初心者さんにはぴったりですよ。

ジグ・グラトリが上手くなりたいと思っている人にもおすすめのブランドです。

STEP CHILD

2001年に誕生したカナダ発のブランド、「自分たちが思う最高にイケてる板」をコンセプトにした製品が人気のブランドです。

なかでも「ステップチャイルド カムナイフ」は力強いライディング・高いオーリーを可能にした板で、トータルバランス面でライダーをレベルアップさせてくれます。

初心者さんにぴったりの板もあるので、1度ショップをのぞいてみるのがおすすめですよ。

Capital

スノーボーダーのブルー・モンゴメリー氏とジェイソン・ブラウン氏により生まれた、クオリティの高いスノーボード用板をコンセプトにしたスノーボードブランドです。

独自の感性と飽くなき開発心に魅了されるファンも多い、アメリカ発祥の人気ブランド。

中でも「CAPITA INDOOR SURVIVAL」は、絶妙なバランスでカーボンフレックス・トーションが設定されたツインチップタイプの板で、柔らかな作りはパークだけでなく、フリーライディングもこなすことができる万能タイプになっています。

LIBTECH

エコ環境にこだわり、木材やプラスチックは可能な限りリサイクルするという、有害物質を使わないこだわりの製法が採用されたスノーボードブランドです。

地球にやさしいをコンセプトにしているので、環境破壊が気になるスノーボーダーにはおすすめといえるブランドですね。

中でも「 リブテックアドバンスナイフ」は、軽量かつソフトフレックスの板なので、日本人には適した作りは初心者さんにもおすすめです。

あらゆる雪質での安定した滑りが可能なトリプルキャンバーを採用しており、パウダーだけでなくアイスバーンでも思う存分スノーボードを楽しむことができますよ。

ま と め

「かっこいいスノーボーダーになりたい」そう考えると、ついつい高価な板に目がいきやすいですが、初心者さんはまず自分の力量にあった板を選ぶことが大切です。

その時の実力に合わせて、最適な板に買い替えることが上達への近道ともいえるので、分からない場合は店員さんのアドバイスも取り入れて、板をチョイスするのがベターです。

お気に入りの一枚を見つけて、この冬は思いっきりスノーボードを楽しんでみてはいかがでしょうか?

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする