ソフトボールのバットの選び方とは?各メーカーのレビューを比較!

シェアする

ソフトボールを始めたので素振りの練習用にバットが欲しい、そう思っても初心者さんはどんなバットを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

ソフトボール用バットは1号~3号まで種類があり、使用するボールの号球(サイズ)に合ったバットを使用する必要があります。

また、それぞれのサイズにゴムボール用と革・ゴム用の2種類があり、ゴムボール用では革ボールを打つことはできない点も知っておいたほうがいいでしょう。

バットのバランスはトップ・カウンター・ミドルがありますが、初心者さんはバランスが中心にあるミドルバランスのバットがおすすめです。

ソフトボールのバットレビュー・ビヨンド編

ビヨンドはミズノが開発したバットのシリーズで、その魅力はなんといっても「打球の伸び」です。

ビヨンドシリーズは「飛ぶバット」が欲しいという人にぴったりのシリーズともいえます。

そもそも軟式用ボールは、表面はゴム製で中空構造になっているため、硬球と比べると常にやわらかくできています。

そのため、バットに当たるとボールは潰れて変形しますが、復元力が働くときにエネルギーロスが起こってしまいます。

ビヨンドは、エネルギーロスをカットし効率的にエネルギーをボールに伝えることができるので、従来よりも飛距離が出せるようになりました。

ビヨンドシリーズ「メガキング」の特徴

長打が得意なパワーヒッター向けのバット、反発係数が高く楕円形(オーバル)なのが特徴です。

「はじく」「運ぶ」の打撃の使い分けができ、とにかく打球の伸びがいいとのレビューも多いです。

ビヨンドシリーズ「エクスパンド」の特徴

ポリウレタンを使用した部分が広く、打球部分のスイートエリアを大きくしたタイプのバットです。

とにかく「飛ばせる確率をアップさせる」にポイントを絞ったビヨンドシリーズで、落ちそうで落ちない打球とのレビューも多いです。

ビヨンドシリーズ「アドバンス」の特徴

同じビヨンドシリーズ「メガキング」よりも、打球部分がロングになったタイプのバットです。

ビヨンドシリーズのなかでも飛距離は最大、もちろん飛ばせる確率もアップしています。

いつもは届かない外野のフェンスに打球が届いたというレビューも多いです。

ソフトボールのバットレビュー・カタリスト編

カタリストといえば、プロもその実力を認める高反発バットとしても有名ですね。

ディマリニ社の「フェニックス」やミズノ社の「X」「AX4」などとともに愛用している選手も多いようです。

薄型の最新カーボンコンポジットを素材としていて、さらにチタンベルトまたはカーボンを2重巻きにしているので、さらなる飛距離アップを狙うことができます。

初心者さんでも扱いやすいミドルバランスタイプは、コンスタントに成績を残したいという人におすすめ、長さと重さから自分に合ったバットを選ぶことができますよ。

ルイスビルスラッガー カタリスト2TI 「JGS17T」の特徴

異なるスペックの多いモデルで、なかでもJGS17Tはトップバランスタイプのカタリストです。

量距離打者にぴったりの86cmあり、こちらはグリップが細めのトップバランス、軽い力でも遠心力効果で遠くまで飛ぶとの評判なので、長距離スラッガーなら一度試してみてもいいかもしれませんね。

ルイスビルスラッガー カタリスト2TI 「WTLJGS17M」の特徴

扱いやすいスペックが魅力のミドルバランスタイプ、84cm/700gと84cm/740gの2種類があります。

ジョイントタイプのLXTもあり、このタイプはミスヒット時に起きるシビレを軽減する機能がついたモデルです。

LXTは打った時の衝撃を軽減するため、ジョイントを固定せずに若干の遊び部分があるという特徴があります。

何度も使用していると、打った感じや音に変化を感じることがある、とのレビューもありました。

ソフトボールのバットレビュー・ミズノ編

ビヨンドマックスシリーズが人気のミズノですが、そのほかにも優秀なソフトボール用バットが販売されています。

なかでもミズノAX4シリーズは、ジャパンメンバーでも使用している選手もいる人気モデルです。

軽いバットなのによく飛ぶとの口コミも多く、そのほかにもプロシリーズやカーボンチャージシリーズも人気があるので、実際に手に取ってみるといいでしょう。

ミズノには初心者用からパワーヒッター用までさまざまなタイプのバットがあるので、自分にあったものを探すことができますよ。

ミズノプロ「AX4」の特徴

四層構造からなるカーボン製バット、なんといっても超軽量が最大の魅力。

トップバランスタイプなので長距離打者にぴったり、軽いバットをフルスイングして飛ばしたいという人におすすめです。

とにかく軽いのによく飛ぶというレビューの多いソフトボール用バットです。

ミズノ「スプレンダー」の特徴

超々ジュラルミン素材でできた、ミドルバランスタイプバットも人気があります。

安定のバランスとオールラウンドに使えるところも魅力、扱いやすいので初心者さんにもおすすめです。

手頃な価格なのにバランスがよく使いやすいというレビューの多いバットです。

ま と め

今回はソフトボールのバットの選び方と、人気メーカーのレビューをご紹介しましたが参考になりましたでしょうか?

ソフトボールを始めてそろそろ自分専用のバットを欲しいという人や、新しくバットを買い替えたいという人は、まずはいろいろと試してみるのがおすすめです。

自分にあったバットを使えば、飛距離アップも打率アップも狙いやすいですよ。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする