一緒に楽しむスノーボード!初心者への教え方とは?

シェアする

スノーボードはとっても楽しいスポーツ、一人でガンガン滑っても楽しいですが恋人同士や仲間とワイワイ滑るのもやっぱり楽しいですよね。

今年の冬は彼女と一緒にスノーボードに出かけたい、そんなふうに考えている男性もいるかもしれませんね。

もし彼女がスノーボード初心者なら丁寧に教えてあげたくなるのも彼としては当然のこと。

そこで今回は、スノーボード初心者さんへの教え方のコツについてお話しします ので、彼女をスノーボードに誘いたいと思っている男性の皆さんは、是非参考にしてくださいね。

利き足を決めたらまずは正しい転び方を教えよう

スノーボードを始める前に大切なのは利き足を決めること、進行方向に向かって前側になる足が右足なのか左足なのか、これは最初に決めなければなりません。

右足を前にして滑ることが得意な人を「グーフィー」といい、左足を前にして滑るのが得意な人「レギュラー」と言います。

利き足の判断の仕方はいくつかありますが、簡単なのは両足で立った時に後ろから相手を軽く押し、その時出た一歩が右足なのか左足なのかで判断する方法です。

利き足が分かったら、ボードをつけてまずは正しい転び方を教えましょう。

スノーボードは前後のバランスがとても大切なスポーツ、正しい転び方をしっかりマスターしてもらうことが必要、転び方を間違うと思わぬ怪我の原因にもなりかねません。

後ろへの転び方の教え方・ポイント

正しい後ろへの転び方は、背中を丸くしてコロンと後ろに転がること。

大切なのは「転ぶ時は絶対に手をつかないこと」人間は反射的に手が出てしまうことが多いですが、滑っている斜面で手をつくことはとても危険です。

プロテクターをつけていても骨折をすることがあるので、正しい転び方はしっかりと教えてあげてくださいね。

前への転び方の教え方・ポイント

上手な前への転び方は体を前に滑らせるように転ぶこと、 野球経験者ならスライディングをイメージして教えると分かりやすいと思います。

前転ぶ場合も後ろに転ぶ場合と同様、絶対に手をつけないことをしっかり教えてください 。

ふたつの基本的な転び方を教えたら、しばらく前後に進んだりジャンプしたりして、板を履いている感覚になれてもらうようにするといいですね。

ゆるい斜面でサイドスリップを教えよう

ある程度慣れてきたら、いよいよ斜面へ行き、滑る練習へと移りましょう。

斜面へ移る前にはブレーキのかけ方もあわせて教えておくと安心、かかとにしっかり力を入れて踏ん張って止まるということを覚えてもらうといいですね。

さて、初心者さんに教える滑り方は「サイドスリップ」、木の葉滑りとも呼ばれる基本の滑り方なので、しっかりと教えてあげましょう。

サイドスリップさえ覚えてしまうと、滑れる斜面が広がるので、彼女のテンションもあがること間違いなしですよね。

初心者さんはどうしても体がついていかないことが多いので、何度も声掛けしながら丁寧に教えてあげるよういしましょう。

ブレーキの上手な教え方・ポイント

ブレーキのかけ方は「つま先側のエッジで止まる」「かかと側のエッジで止まる」の2種類がありますが、ここではかかと側のエッジで止まる「ヒールエッジブレーキ」のポイントをご説明します。

ヒールエッジブレーキは動きがバックサイドターンに似ているので、慣れないうちはブレーキをかけたつもりでも、左側に曲がってしまうこともあると思います。

初めのうちは完璧にできなくて左に曲がってもOKなので、まずは基本的な止まり方をしっかり教えてあげてください。

ポイントは進行方向に目線を置いておくこと、 腕を引く時に上半身が開かないように注意すること、この2点をチェックしながら教えてあげるといいですね。

サイドスリップの上手な教え方・ポイント

サイドスリップのやりかたは「前向きに滑る方法」と「後ろ向きに滑る方法」の2種類がありますが、今回は「前向きに滑る方法」についてご説明しましょう。

まず進行方向へ向いて、腰を落として膝を曲げ、両手は前方に伸ばします。

教えるべきポイントは「目線をなるべく遠くにおくこと」初心者さんは足元を確認するために下を向いてしまいがちなのでバランスを崩して転びやすくなります。

あなたが彼女より下側へ行き、「頭をあげて!」などと声をかけながら教えてあげるといいですよ。

少し慣れてきたら、今度は体重移動のやり方を教えて、左右へ滑る間隔をつかんでもらいましょう。

ま と め

スノーボードを教えるのは意外に難しく、初心者さんは慣れていないので怖がってしまったりすぐに疲れてしまったり、上達までに少し時間がかかるかもしれません。

しかし最初にしっかりと教えてあげれば、スノーボードが一緒に楽しめるだけでなく、彼女との距離もグッと近づくこと間違いなしです。

教える時は上手に休憩をはさみながら、怪我をしないことを第一に考えて、焦らず優しく教えてあげてくださいね。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする