体育祭でヘアアレンジしよう!簡単にできて一気に華やかになれるおすすめの髪型5選

シェアする

普段の学校生活とは全然違う雰囲気になれる体育祭!

みんなとワイワイ盛り上がっていく中で、普段と違う自分を演出するチャンスです!

髪型もアレンジして、普段と違う自分になってみませんか?

簡単にできるヘアアレンジとは!?

元気に動き回る体育祭!…とはいっても、髪型はぴっしりと決めておきたいですよね。

最初はせっかく可愛く決まっていても、動いているうちに崩れてきたら、せっかくの髪型も台無しになってしまいます。

直すのに時間がかかる髪型だと、結局直せずじまい…なんてこともあるかもしれません。

そこで、ここでは乱れても直しやすい簡単なヘアアレンジを紹介します!

ハーフアップ

両サイドの髪を後ろに持っていき、結えば完成です。

長さに余裕があるのなら、結った髪をくるんと一回転するようにねじるとちょっとしたアレンジをすることが出来ます。

簡単なことですが、これだけで女性らしさもアップしますよ。

このほかにも、両サイドの髪を三つ編みにするのも、ただハーフアップにするより華やかになるのでオススメです。

この髪型はすぐに直せる&簡単なので、ヘアアレンジになれていない方にもオススメです!

また、コテで髪に動きをつけると、ストレートとは違う印象になるのでオススメです。

お団子

髪をまとめてくるくるとお団子状にして固定すれば完成です。

お団子の数や位置で印象もガラリと変わるので、要チェックです!

小さなお団子を頭の上の方で2コ作れば、動物の耳のようなかわいらしさを作ることが出来ます。

髪を全てまとめたお団子を頭の上に1コ作ると、首元の風通しも良くなるので、アツい体育祭も快適になるのではないでしょうか。

この時、お団子をぴっちりとキレイにまとめるのはもちろん、無造作な感じにゆるくまとめるのもオシャレでオススメです。

また、下の方でお団子を作るとセクシーさを演出することが出来ます。後れ毛をコテで巻くとさらにかわいらしさがアップすると思います!

このように、お団子一つで様々な印象を与えることが出来るので、日常生活の髪型のバリエーションを増やすという意味でもオススメです。

ポニーテール

体育祭でも動きやすい髪型と言えばポニーテールではないでしょうか。

シンプルにポニーテールを作るのはもちろん、サイドに編み込みを入れるとかわいらしさが増すと思います!

コテでサイドの髪などを巻くのもオススメです。

さて、色々なヘアアレンジを紹介してきましたが、ショートヘアーだからヘアアレンジできない…なんて思っている方はいませんか?

たしかに、今まで紹介してきたのはボブ~ロング向けのヘアアレンジです。

ですが、ショートもヘアアレンジすることは出来るんです!

編み込み

サイドの髪を編み込みにするだけでも、普段と違う印象になります。

緩く編み込むか、キツく編み込むかでも印象が変わります。

緩く編み込めば柔らかい、可愛らしい印象になりますし、きつめに編み込めば、スマートにクールな印象となります。

ピン止め

編み込みが苦手という方は、サイドをピンで止めてすっきりさせるというのも手です。

片耳だけ出すと、少し大人っぽさが増すかもしれません。

これならお手軽なので、普段ヘアアレンジをしていないという方でも簡単にできるのではないでしょうか。

ヘアアレンジは結った髪をひねる、少し編み込みをする、といったちょっとした一手間で、一気に華やかになります。

余裕があれば「一手間」を加えることを意識して、ヘアアレンジをしてみましょう!

体育祭にオススメのヘアアレンジ「リボン」を使おう!

普段と雰囲気をガラッと変えたいのなら、ヘアアクセを使うのがオススメです!

中でも、リボンは見た目も華やかになりますし、可愛らしい印象を与えることが出来ます。

簡単な、リボンを使ったヘアアレンジの方法を紹介していくので、参考にしてみてくださいね。

リボンのついたヘアアクセを使う

なんと言っても一番お手軽なのは、リボンのついたヘアゴムやピンをつけることです。普段と違うものを使えば、それだけで印象は一気に華やかになりますよ。

ロングならポニーテールなど、髪を結ったときにリボンのついたヘアゴムを使えば、一つアクセントとして髪も華やかになるでしょう。

ボブやショートなら、サイドにリボンのついたピンをつけてみるのもいいでしょう。

きっと、いつもと違った印象になりますよ。

リボンで編み込みをする

少し手の込んだアレンジとしては、リボンの編み込みがあります。

やり方は次の通りです。

①髪を一房、リボンで固結びにします。この時、リボンは左右が同じ長さになるように、真ん中辺りで結ぶようにしましょう。

②毛束と毛束+リボン、リボンの3種類で三つ編みをしていきます。

③三つ編みにしたものを結います。

この簡単3ステップです!

ちょうちょ結びにしたリボンにするよりも、落ちついた大人な印象になるのではないでしょうか。

ですが、中にはこのようなアクセサリーが禁止…なんて学校もあるかもしれません。

そこで、今回はハチマキを使ったアレンジも紹介します!

ハチマキを使ったアレンジは、リボンでも代用可能なので、リボンが使えるのであれば、リボンでしてみるのもいいでしょう。

カチューシャ風にする

ハチマキを頭のてっぺんから首の後ろ側に、斜めになるようにかけて、うなじの辺りで縛れば、カチューシャ風になります。

定番のハチマキの縛り方ではないかと思います。

カチューシャ風のメリットは、ほとんどどのような髪型とも組み合わせられると言うことです。

ポニーテールやお団子、そのまま髪を下ろしていても似合うアレンジです。もちろん、ボブにも似合います!

やり方も簡単なので、ちょっとしたヘアアレンジとしても役立ちます。

リボンのように結う

一度ポニーテールで結った髪を、その上からハチマキでちょうちょ結びに結えば完成です。

アクティブでキュートな印象になるのではないでしょうか。

ただし、慣れないとバランス良くちょうちょ結びをするのは難しいです。

自分でやるよりも、友達同士で結びあいっこをする方がうまく結べるかもしれません。

お祭りスタイルにする

ハチマキをこよりのようにねじって細くします。そして、通常のハチマキと同様におでこを通るように後頭部で結いましょう。

このスタイルは、とても元気な印象になるでしょう。

この髪型も、ある程度おでこが出ている髪型であれば、どの髪型でも似合うと思います。

特に、お団子やポニーテールのような、元気な印象を与える髪型に似合うのではないでしょうか。

ハチマキを使う場合は、サイドのすっきりした髪型にすると似合うことが多いです。

あまりヘアアレンジはしなくていいかな、という場合でも、少しピンでサイドをすっきりさせておくだけでも、ハチマキの似合う髪型になるのでオススメです。

今回紹介した髪型は、日常でも使えるものも多いです。

体育祭だけに限らず、ちょっとオシャレをしたいときなどにも活用してみてくださいね。

ま と め

普段あまりヘアアレンジをしていなくてもできる、簡単なアレンジからちょっと一工夫いるような髪型まで、さまざまなものを紹介してきました。

自分のイメージに合う髪型もよし、ちょっと冒険して普段のイメージとは違う髪型にしてみるのもよし!

せっかくの体育祭、髪型から楽しんでいきましょう!

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする