ランニングでダイエット効果を実感するまでに最低限必要な期間とは?

シェアする

痩せようと決意しダイエットのためとランニングを始められたが、なかなか体重が減らずランニングで痩せることができるのかと不安や疑問を持ち始めた方に朗報です。

ランニングを正しく行うことでダイエット効果を実感することができます。

期間も人それぞれですが早い人で毎日これからご紹介する方法で走っていれば1週間ほどで痩せたことを実感することができます。

そんな魔法のようなランニング方法をこれからご紹介していきますので、ぜひいま痩せようと思いランニングを行なっている皆さんに参考にしていただき実践していただきたいと思います。

ランニングダイエットの必要期間

ランニングダイエットの必要期間として明確に決まっているわけではありません。

およそ3ヶ月で見た目の変化が出てくるとも言われていますが、あくまで見た目の変化であり、痩せること(体重が減る)に関してはそれよりも早く実感することができるとも言われています。

まず期間として1ヶ月間ランニングを続けることを目標にしましょう。

決して毎日でなくていいです。

ここでは、3日に1回のペースで1ヶ月間走り続けることを必要期間とさせていただきます。

あくまで毎ランニングできる時間を作れる方は毎日行なったほうがいいです。

ランニングは効果がでず途中で挫折する人が多くいらっしゃいます。

そこで諦めてしまうとせっかく走ってきた距離などが無駄になってしまいます。

私の経験上ですが、毎日走るとよっぽどランニングが好きな人でない限りランニングが苦痛になってしまい走らなくなってしまいます。

それを踏まえて3日に1回は走りましょうとしているのです。

目標を低く設定することで、運動不足の方がいきなり痩せるためにランニングを始められても無理なく行うことができます。

またなかなか忙しく毎日ランニングをする時間を作れないという方にも気軽に始めることができます。

あくまで目標は3日に1回ランニングを1ヶ月続けることです。

それでは次の項目でより具体的なランニングの距離と走り方をお教えしたいと思います。

ランニングダイエットのオススメの距離と走り方

ここではランニングダイエットにオススメの適した距離と、走り方をご紹介していきたいと思います。

まず初めに適した距離ですが、人それぞれ体力が違うと思いす。

そこでここではランニングダイエットに適した距離として2キロと設定したいと思います。

2キロほどでしたら無理なく走ることができ、体力のない方でも途中歩いたりすれば2キロは不可能ではない数字と思います。

いきなり5キロ、10キロと走られても構いませんが次の日の筋肉痛や足を痛めてしまうことになりかねません。

そこでゆっくりでもいいです。

無理しない程度のスピードで2キロを走ることを心がけましょう。

次に走り方ですが、走り方にも少し工夫があります。

あくまで2キロを楽に走れる方に向けてご紹介していきますが、まずつま先走りでゆっくりと500メートルほど走る。

その後ダッシュ&ランを加えながら1キロ走る。

それから500メートルつま先で走る。

と2キロの中でも負荷をかけてランニングを行うと効果的です。

また2キロ走り終えた後に、30メートルほどをダッシュしてつま先立ちで元の位置まで歩き、ダッシュしてつま先立ちで・・と2キロ終えて走る走り方でもかまいませんよ。

ランニングでなぜ痩せれるかというのは、有酸素運動を行うことによって脂肪を燃焼させるからなのです。

走ることで有酸素運動になり心拍数を上げることで、さらにレベルの高い有酸素運動を行えるので、ランニングもなるべく早く走ることを意識したり、ダッシュを取り入れたりすることがランニングダイエットで痩せる効果を得られる方法となっています。

ただ自分のペースで走るのも長い目で見ると痩せることができます。

しかし、なるべく早く効果を実感したいかたなどは有酸素運動のレベルを上げたランニングをすることをオススメしています。

最初に2キロと設定したのも、なるだけ早く走ることを意識して走れる限界が2キロだと思うからです。

5キロとなってくると少し長距離になってしまいなかなか早く走ることを意識することは難しいと思います。

2キロでしたら意識して走ることができるのではないかと思います。

運動不足の方も慣れてくるまでは2キロを自分のペースで走り、ペース感覚や2キロが楽になってきたらお教えした方法にシフトチェンジすればいいだけです。

ランニングダイエット+αの気をつけること!

ランニングダイエットをしていく上でさらにランニングダイエットの効果が期待できる方法をお教えしたいと思います。

まずランニングを朝するのか?仕事終わりの夜行うかで変わってきますが、できるだけランニングをする前に食事を取らずランニングを終えた後に食事をとるように心がけましょう。

またランニングを行う前に10分ほどゆっくりとストレッチをして体をほぐすことも取り入れてランニングダイエットを行うとさらに痩せる効果が期待できますよ。

ただ走ればいいというものではなく、必ず痩せることを意識しながら走ることで自ずと体重も減ってきます。

痩せる他にもストレス発散や、便秘解消などランニングを行い体に及ぼす変化は痩せることだけではありません。

痩せることを目標にして走るだけではなく、健康維持のためにも走り出してみてはいかがでしょうか。

気軽に誰でも簡単に始めれることがランニングの一番良いところですよ。

ま と め

今回ランニングダイエットの効果や距離、また運動方法などをお話ししてきましたが何回も言うようですが、ランニングダイエットをしたからと急激に痩せるわけでもありません。

あくまで個人差で痩せやすい方や痩せにくい方がいらっしゃいます。

そこでランニングしても一向に痩せないと諦めるのではなく、続けることに意味があるのです。

決して走った距離と時間は無駄にはなりません。

走り続けて行くうちに必ず成果が出てきます。

痩せよう!健康のために走ろう!と決意し走り出した方は無理なく気長に自分のペースでまずは走り体重の変化よりも体調の変化を感じてください。

するといつもよりも深く眠れたり、むくみなどが解消されたりと痩せる以外の効果を実感することができます。

これを機会にぜひランニングダイエットの運動方法を取り入れてみて参考にしていただければと思います。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする