夏の甲子園を見に行こう!初心者のための観戦ガイド

シェアする

夏の甲子園、最後の夏にかける高校球児の熱い戦いを生で見られる場所・・・。

一緒になって素晴らしい経験をさせてもらえる本当に有難い所です。

数々の劇的なドラマが生まれますが、どの高校もどの選手もそれぞれのドラマがありますし、ここに来るまでにどれだけでもどれだけすごい事かと思うので、出場高校全てが、選手全員が主人公だと思います。

それほどにみんな素敵で一生懸命で見る私たちの心も動かされずにはいられないのです。そんな聖なる地、甲子園球場にぜひ球児達の熱い戦いを見にいきましょう!

今年初めて高校野球を観戦するという人、今年はなんと100回記念大会という記念すべき大会なんです。

そんな年にデビューできるなんて素晴らしい!

少しでもそんな甲子園初心者の方のお役にたてればと、夏の甲子園観戦についてまとめてみました。

夏の甲子園観戦のおすすめポイントと注意点

夏の甲子園、どうせ観戦するのなら絶対アルプススタンドがおすすめです。

関係者が多いからあまり一般の人は遠慮した方が良いとも言われますが、私は取れるのであればできるだけアルプス席で応援したいなと思っています。

応援団の近くで一緒に応援できれば、本当に選手達と一体になっているような気持ちを味わうことができるからです。

最初は声を出して応援するつもりでなくとも、応援団の人たちの一生懸命な応援と、演奏を聴いていると、自然に体が動き手をたたいたり、声を出したり一緒に応援したい気持ちになってきます。

それに、テレビで見るようなアナウンサーがアルプススタンドでインタビューしていたり、そんな場面に遭遇したりもするので、なんだか得した気分になれます。

まあ、これはおまけのようなものですが・・・。

特別自由席等はベンチに比較的近く、選手達をより近くで見られますし、臨場感もたっぷり!

こちらもおすすめの席ですが、もし応援したいお目当ての選手等がいる場合は、その選手により近づける席を選ぶ人も多いです。

私も現役高校生時代は、お目当ての選手が外野だと外野席、内野手だと・・・と使い分けていました。

応援が届くところで応援したいですし、近くで見たいという気持ちもありますしね。

とはいえ、応援も大切ですが、なんといってもこの暑さなので、途中でトイレに行ったり、涼を取りに行くことも大切です。

少し中へ入るだけでもかなりリセットできますので、また応援にも熱が入れられます。

トイレも暑さも我慢せずに適度に休憩を入れながら観戦しましょう。

夏の甲子園を観戦する人におすすめの持ち物は?

異常気象とも言えるような暑さの中での観戦となりますので、夏の甲子園観戦には暑さ対策は欠かせません。

どういう持ち物が必要なのか?!私の経験からおすすめの持ち物をご紹介します。

まずは暑さ対策には欠かせない帽子やせんす、うちわ、サングラス、タオル、日焼け止めといった暑さ対策グッズは絶対にはずせないアイテムです。

そのほか、水分補給は不可欠ですので、水筒等の飲み物のほか、塩分チャージができるような飴やタブレット等も熱中症対策として持参するようにしましょう。

飲み物は水筒の他に水やペットボトルのドリンクを凍らせたものを1つ持って来ることをお勧めします。

凍らせておくと保冷剤のようにも使えますので、かなり暑さをしのぐことができます。

ちなみに甲子園はペットボトルの持ち込みは許可されています。

日傘は持参するのは構いませんが、甲子園球場はどこもかしこも混雑していますので、傘を開くと他の人の邪魔になることが多いので、使える場所を見極めて使用するようにしましょう。観戦中はもちろんNGです。

暑さ対策の他で持ってきたほうが良いものとして、突然の雨にも対応できるように雨具等の準備が必須です。

甲子園球場は屋外ですし、どうしても夏の天気と言うことで、天気予報で晴れだったとしても、急変する場合があるんですよね。

私も数回急な雷雨に遭ったことがあるのですが、見る見るうちに暗くなってきて、急に雨が来るんですよね。

そうなった時のためにカッパは1つ入れておくことをお勧めします。

その他ゴミ袋、タオルはできれば数枚持っておきましょう。

特にゴミ袋はかさばりませんし、数枚入れておくと、急な雨の場合に荷物を雨よけとしてゴミ袋に入れたり、濡れたものを入れたりと雨が上がった後にも使えます。

人によっては遠くて見にくいので双眼鏡なんかを使う人もいますが、私個人的には生の目で見て欲しいです。

たとえ遠くても彼らのプレーを生で見て欲しいですし、遠くから見てどうなった?!どっち?!といった時間を観客席みんなが一体となった空気で同じ時間をすごすんですよね。

その一瞬の間がすごく一体感があって良いんです!

ぜひあの感じを味わって欲しいなと思います。

他には、座席に敷く厚手のクッション性の敷物なんかもあると、長時間の観戦でもお尻が痛くなったりせずに観戦できます。

軽食も持参しておきましょう。

雨で試合が中断したり、そういったことから試合時間が長くなるということもあり得ます。

また、余裕があれば着替えもあれば万全です。

突然の雨でも大量の汗をかいても心配しなくて済みます。

ま と め

甲子園に初めて行くという方は、何を持っていけばよいのか。

どういったところに気をつければよいのかと不安もあるかと思います。

何と言っても大勢の人がごった返すだけに、スムーズにスマートに観戦したいですよね。

全ての人に参考になるかはわかりませんが、私の経験からこういうところを見て欲しいし、見るべきかなというところをご紹介させていただきました。

また、持ち物も通常屋外にでかける際に必要な持ち物とさほど変わりはないとは思いますが、甲子園という場所特有の必要なものも紹介させていただきました。

少しでも多くの人が生で甲子園観戦をして球児達と一緒に感動を共有して欲しいなと思います。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする