高校野球の応援歌で定番といえば!

シェアする

夏の甲子園を盛り上げるのに欠かせないのが、スタンドから流れる応援歌ですよね!

チャンスが来ると聞こえてくる調べに選手達はもちろん、見ている者も気持ちが盛り上がってきますよね。

また各学校の吹奏楽が高レベルで、そういった点でもファンが多いんですよね。

なんと「野球応援コンサートEXPO」なるものまで開催される人気ぶり。

近年は学校の特色を出すべく他校と違った応援歌を選ぶ学校もあったり、新しい人気曲が出てきたりと色んな意味で面白い!

高校球児とともにアルプススタンドでの戦いでもある応援歌について掘り下げてみたいと思います。

この夏注目の個性溢れる応援歌を勝手にオススメ!

私が個人的に注目というか好きなのは、学校独自の定番曲のような応援歌です。

他校との差別化も図れるし、「この曲を聞くとあの高校を思い出」「これは○○県代表だな」みたいなのって良くないですか?!

ここでは定番の応援歌ではなく、そういう地域性や学校性が出るようなちょっと独自性の高い個性的な応援歌に注目してみました。

有名なところでは、智弁和歌山の「ジョックロック」。

この曲が流れると何かが起きる!なんて事が過去に多々あって、“魔曲”なんて呼ばれる甲子園ファンでは有名な応援歌です。

こういう曲が色々な高校にあると、そりゃあもう違った意味でも盛り上がりますよね。

他にも、地域的な応援歌も個人的には各都道府県の代表として来ているという感じがしてとても好きです。

沖縄県といえば「ハイサイおじさん」。

あのメロディが聞こえてくると、沖縄ってカンジ!と私なんかは和やかな気持ちになったものですが、2010年に騒動があり自粛ムードも流れたりしました。

その後の大会ではまたあのメロディを聞くことができたのでホッとしたものです。

個人的には地元の曲として大切に思っているのだから、それをふさわしくないだの横やりを入れるのはいかがなものかと思うんですけどね。

誇りに思って演奏し続けて欲しいです。

きっと選手達も地元の曲で地元からパワーをもらってプレーできているんじゃないでしょうか。

去年の夏の甲子園で今までと一風変わった応援歌として一大ブームになっていたのが「アゲアゲホイホイ」です。

元々は高校野球の応援かえは定番曲のうちに入る「サンバ・デ・ジャネイロ」の曲なのですが、そこに「アゲアゲホイホイ」「もっともっと」など掛け声をいれ、踊りながら応援することで大ブームになりました。

そもそもは報徳学園(兵庫)が最初だったそうですが、今では2桁を越える高校が採用するほどの人気応援歌になりました。

きっと今年の夏も「アゲアゲホイホイ」がアルプススタンドを盛り上げることでしょう。

高校野球の応援歌【ランキング】

甲子園の応援歌といえば、やっぱり定番曲は外せません。

耳馴染みの曲が流れてくると「キタキタ!」と選手はもちろんでしょうけど、見ている方もテンションがあがります。

一緒に口ずさんで応援したりもしてしまいますよね。

定番曲はやはり多くの高校で人気の応援歌となっているので、次にまとめる「応援歌ランキング」に入ってくるような曲が定番になってくるのでしょうけど、意外にも古くからの曲も多いんですよね。

「狙い撃ち」や「ルパン三世」「サウスポー」なんて、ザ・昭和!って曲ばかりです。

それだけ伝統だったり受け継ぐという気持ちが応援にもあるのかなと。

甲子園らしいなと応援にもそんな事を感じます。

また、最近はプロ野球の選手のチャンステーマ曲だったりを甲子園の応援歌としても使う事が、昔に比べて多くなった気がします。

近年は流行った曲がいち早く応援歌で使われたりという面も見られるようになってきています。

「恋」星野源や朝ドラ「あまちゃん」等のような曲が、今年も流行りになるかもしれません。

定番応援歌を某人気番組でもランキング形式で紹介していましたが、ここでは今年の2018年夏の甲子園応援歌をあくまで個人的な予想としてランキングしてみました!

【5位】あまちゃん

平成の応援歌としては、人気曲。軽快な音楽とともに気持ちが乗っていくこと間違いなし!

きっと今年も多くの学校で使われると思います。

【4位】サンバ・デ・ジャネイロ

去年の「アゲアゲ・ホイホイ」ブームもあり、今年はさらに多くの学校が採用するだろうなと思います。

応援団と一緒に一般の応援の人も盛り上がれるので、個人的にもいいなと思う応援歌です。

【3位】さくらんぼ/大塚愛

平成を代表する応援歌ですので、今年もきっと多くの学校からこの曲が聞こえることと思います。

原曲を知らない人も、甲子園の応援歌では聞いたことある人も多いかもしれませんね。

【2位】紅/X JAPAN

CMであの歌ウマ女優さんが熱唱している曲ということで、今年はなんか流行りそう!

と勝手に予想しているのですが、個人的にも大好きな曲です。

【1位】アメリカン・シンフォニー

やっぱり、この曲はまだまだ不動の1位なんじゃないかなと思います。

ガンガン盛り上がるタイプの曲じゃないけれど、ジワジワと来る感じの曲ですよね。

それが逆に怖いというか、盛り上がるというか・・・。きっと今年もこの曲が1位だと思います。

ま と め

応援歌はただの歌にあらず!試合の流れをも左右する大事なものなんですよね。

応援の力って選手達にとって本当に大きいものだと思います。

甲子園に試合を見に行っていて、本当にその事は痛感します。

応援歌だけでなく、応援のパワーが選手達に伝わって、考えられないようなミラクルが起きたり、甲子園球場全体が異様な雰囲気に包まれたりする光景を、私も何度も体験してきました。

その度に鳥肌がたつような思いとともに、その時耳にした応援歌がしばらく耳から離れないという経験をしてきました。

今年もきっとそんな場面が何度も見られるのではないかと思います。選手達は応援歌を力に変えて、また、応援団は選手達に力を送るべく精一杯応援歌を歌う・・・。

この素敵な関係が1つに繋がった時、それこそ鳥肌モノの体験をすることができるんだと思います。

今年の夏、そんな奇跡のような試合を見られるのを楽しみにするとともに、どんな応援歌が人気なのか、新しく流行るのはどんな曲なのか、今からとっても楽しみです。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする