この監督についていきたい!高校野球の名監督とその名言!

シェアする

甲子園でよく見る強豪と言われる学校、地区でも有数の強豪校。

本気で野球をやりたい方はそこの門を叩くことが多いでしょう。

厳しい環境に身を置き、己を鍛える。

それが高校野球なのではないかと思います。

そんな強豪校が強豪校であり続けるためには、名将の存在が不可欠です。

名将のもとで3年間野球を続けることができたならば、必ず、野球人として、人間として大きく成長できるでしょう。

今回は、そんな強豪校を名将の名言付きで紹介したいと思います。

現役名将の率いる強豪校

高校野球は人生の中でも、指折りの自分が成長できるイベントです。

そんなイベントをすごい監督のもとで過ごしたいですよね。

「ベンチ入りした20名はベンチに入れなかった仲間たちの分も全力でプレイする『義務』がある。ベンチ入りできても打席に立てない仲間もいる。グラウンドに立った者には全力で走り抜ける『権利』がある。『義務と権利』その言葉を忘れるな」

この言葉は岩手県花巻東高校の佐々木洋監督が残した言葉です。

花巻東高校は西武ライオンズで活躍する菊池雄星投手やロサンゼルスエンゼルスで活躍する大谷翔平投手の母校です。

花巻東高校は岩手県でも盛岡大附属高校と肩を並べる強豪校です。

2009年にはセンバツで準優勝に輝くなど成績を残しています。

「苦しい思いをした人間だけが逆境をチャンスに変える」

これは、和歌山県の智辯和歌山高校高嶋仁監督が残した言葉です。

智弁和歌山は一学年10人程度という少数精鋭で活動しています。

そのため、監督の目と愛情が届きやすいです。

それが結果となり、春夏3度の優勝を果たしており、2018年の選抜では、準優勝に輝いています。

和歌山県では盤石の地位を気づいています。

プロ野球選手としては、日本ハムファイターズの西川遥輝選手などがいます。

「本気になれば世界が変わる」

これは宮城県の仙台育英高校佐々木順一朗監督の言葉です。

有名な言葉でしょう。

仙台育英高校は宮城県内で東北高校と並び強豪と呼ばれている高校です。

2015年には夏の甲子園で準優勝に輝いています。

中高一貫教育を行っていますが、他の学校からも選手は集まってくるので心配することはないでしょう。

主なプロ野球としては、福岡ソフトバンクホークス 上林誠知選手、東京ヤクルトスワローズ由規投手などがいます。

「うまい選手はいらない。強い選手しか使わない」

これは、福島県の聖光学院斎藤智也監督の言葉です。

聖光学院は戦後最長記録として18年連続で甲子園に出場している強豪校です。

福島県内でも盤石の地位を築いています。

あらゆるものに感謝する、小手先の技術ではなく、人間としての強さが勝負を分けるが聖光学院のモットーとなっております。

主なプロ野球選手としては、東北楽天ゴールデンイーグルスの八百板 卓丸選手、阪神タイガース 歳内宏明投手などがいます。

過去の礎を受け継ぐ強豪校

ここまでは現役の監督の名言とともに紹介してきましたがここから、名門校の礎を築いた元監督の名言とともに紹介していきたいと思います。

「行く言葉が美しければ、返ってくる言葉も美しい。人生はキャッチボールのようなもの」

これは、北海道の駒大苫小牧高校香田誉士史元監督が残した言葉です。

人生はキャッチボールのようなもの。

美しい言葉でしょう。人間性に重きを置いているのがわかります。

駒大苫小牧高校は2004年、2005年と夏の甲子園を連覇しました。

北海道でも強豪の一角といっても過言ではありません。

監督は変わってしまいましたが、この風潮は今でも色濃く残っています。

主なプロ野球選手としてはニューヨークヤンキース 田中将大投手などがいます。

「心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる」

この言葉は、石川県の星稜高校山下智茂元監督が残した言葉です。

星稜高校は人間性と野球を同時に引き上げることで有名です。

星稜高校の野球部の礼儀が今でもなっているのはこの言葉が根付いているからでしょう。

星稜高校は石川県で強豪に位置しています。

主なプロ野球選手としては、元ニューヨークヤンキース 松井秀喜選手などが挙げられます。

「多くのボールを使うスポーツはボールそのものの得点を競う。サッカーもバスケットもテニスも。だが野球は人がホームに生還して得点を競う。その得点を阻むのも人。ボールを媒介して切磋琢磨し、人同士の会話を続けていこうじゃないか」

「栄光より挫折。勝利より敗北。成功より失敗。白いボールを追いかける中に人生がある。教え子たちには人生の勝利者になってもらいたい」

これは神奈川県横浜高校渡辺元智監督が残した言葉です。

調べればまだまだ出てきます。

渡辺監督は横浜高校で長きにわたり指揮をとって、今では勇退しましたが、終身名誉監督となっています。

横浜高校といえば、神奈川県で東海大相模と二強を争う名門校でしょう。

全国制覇、春夏連覇も達成している誰もが知る高校野球の雄です。

主なプロ野球選手としては、横浜DeNAベイスターズ 筒香嘉智選手、楽天ゴールデンイーグルス 藤平尚真選手などかなりの数がいます。

ま と め

ここまで監督方の名言と高校を挙げてきました。

強豪校には必ず強豪校であるための教訓や言葉などがあります。

高校野球は野球人にとって、大きな成長を与えると同時に人生の分岐点にもなってきます。

後悔ない人生にするためにも野球をやりたいならば、高校選びなどに拘るべきです。

意思を貫いて理想の人生を作れるように頑張りましょう。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする