【柔道編】オリンピック日本代表の過去の成績

シェアする

オリンピックで柔道がはじめて行われたのが、1964年の東京オリンピックです。

それからもう50年もたちます。当時は、柔道は日本のお家芸でした。

もともと日本の伝統的な武芸でした。

しかし今では、海外でも広く普及し、もはや日本のお家芸とは言えません。

そこで、今回はオリンピック代表の過去の成績をピックアップしたいと思います。

1964年 東京オリンピック

はじめて柔道がオリンピックで採用された大会です。

たった4階級しかなかったのですね。

73kg級
90kg級
100kg超級
無差別級

「日本代表なら金メダルを獲って当然」と言われていました。

しかし、無差別級だけは金メダルでありませんでした。

金メダルを獲ったのは、オランダのヘイシンクです。

もしかすると、名前を聞いたことがあるかもしれません。

逆に当時の無差別級の日本代表の名前が浮かばないかもしれません。

神永昭夫という柔道選手が日本代表でした。

ヘイシンクに敗れ、銀メダルに終わったのです。

最近でも、銀メダルというだけでも批判を浴びるのですから、当時神永の浴びた批判は相当なものだったでしょう。

もっとも神永は怪我をしていましたし、致しかたなかったのだと思います。

1984年 ロサンゼルスオリンピック

1980年のモスクワオリンピックは、当時アメリカとソ連(現在のロシア)が冷戦状態ということもあり、日本はボイコットしていました。

「モスクワオリンピックなら金メダル」と言われた選手も多かったです。

たとえば、マラソンの瀬古利彦はそのひとりです。

山下泰裕もまた金メダル確実と言われていました。

何年も連続して世界選手権で優勝していました。

けれども、全盛期のときにモスクワオリンピックに出場できませんでした。

4年後のロサンゼルスオリンピック。すでに峠を過ぎた山下が金メダルを獲れるのか。

運悪いことに、山下もまた1964年の神永と同じく試合前に怪我をしてしまったのです!

決勝まで進んだ山下の相手はエジプトのラシュワン。

そのラシュワンを破って金メダル!4年越しの悲願を達成しました。

怪我していた山下の右足を攻撃しなかったからラシュワンは負けたのだと言われましたが、これはあまり正確ではありません。

山下自身が、ラシュワンが右足を攻撃してきたと証言しているからです。

そしてそれは別に悪いことでもないとも言っています。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする