体育祭のスローガンに困ったら!かっこいい英語・四字熟語・そのほか面白いアイデアを紹介!

シェアする

体育祭といえば、私たちは秋のイメージですが、最近では生徒の体調面や、学校のスケージュールの関係上、初夏のまだ涼しいうちに行われる学校も増えてきているようですね。

さて、体育祭といえば、チームが一丸となるために必要なのがスローガン。

スローガンは応援席に設置する大きな看板に書いたり、応援旗に書いたりして、チームの士気を上げる役目もあります。

今回は、体育祭でチームみんなが楽しめるようなさまざまなスローガンを提案したいと思います。

どうぞ、最後までおつき合いください。

定番で攻めてみる!!

まずは定番中の定番で攻めてみてはどうでしょうか。

日本語になるのですが、

(例)
〇一人はみんなのために、みんなは一人のために。

〇優勝目指して、がんばろう!!

〇△△△(チーム名)魂!!

〇一瞬の風になれ

〇同じやるなら全力で

日本語で少し例を上げるだけでも、いろいろ出てきますが日本語の場合、分かりやすいのですが、看板や応援旗に書く場合、そのまま書いてしまうのではなく、ありがちな感じにならないために、デザインや書体で遊んでみるなど少し工夫したほうがいいと思います。

日本語だけど、ちょっとできる感じ?四文字熟語で攻めてみる!!

言いたいことを、四文字の漢字で表した『四字熟語』。

こちらもよく、スローガンで用いられています。

(例)

〇絶対優勝(ぜったいゆうしょう)
・・・読んで字の如く・・・。そのままの意味ですね。

〇一致団結(いっちだんけつ)
・・・ひとつの目的のために、多くの人がまとまること。

〇電光石火(でんこうせっか)
・・・「電光」は稲妻の光、「石火」は火打ち石を打つときに出る火を意味しています。動きが素早く、短い時間のたとえです。

〇猪突猛進(ちょとつもうしん)
・・・イノシシのように、猛烈な勢いで、つき進むことを意味します。

〇力戦奮闘(りきせんふんとう)
・・・力の限り、全力を尽くして戦うことを意味します。

四字熟語をスローガンとして使用する場合、その言葉に基づいた絵を添えるとよりよいものになるかと思います。

「電光石火」だったら稲妻、猪突猛進だったら、イノシシみたいな感じでしようか。

また、「力戦奮闘~みんなで掴もう優勝旗~」みたいにサブタイトルをつけるのもいいかもしれません。

何かかっこいいかも!?英語で攻めてみる!!


英語で書いてあると何か単純で意味のない言葉でもかっこいい感じがしませんか。

もちろん、ここではちゃんと意味のある言葉を紹介しますけど(笑)

〇We are the one(わたしたちはひとつ)

〇Be together as one(心をひとつに)

〇Full Force!(全力で)

〇For one purpose(みんなで目的に向かってひとつになろう)

〇Power of smile(笑顔の力)

英語の場合そのままでもいいですが、四字熟語のところで紹介したようにサブタイトルをつけるのもいいと思います。

「We are the one~わたしたちはひとつ~」のように日本語訳をそのままつけるのもいいですし、「For one purpose~みんなで優勝掴みとろう~」など日本語訳から少しアレンジを加えるのもいいでしょう。

また、自分たちでいろいろ考えてみるのも楽しいですが、その際の注意点をいくつか紹介します。

~英語のスローガンをつくるときの注意点~

〇なるべくシンプルに
・・・スローガンなので長々しい物にならないように、なるべくシンプルな方が好感がもてます。

〇「let’s」、「play」、「yummy」など子どもっぽい単語を避ける
・・・子どもっぽい単語は避けたほうがいいかと思います。

とくに、体育祭などでは「let’s」はつかいがちです。

でも、絶対使ってはいけないという訳ではないので、神経質にならずにいきましょう。

〇スラングに気をつける
・・・「スラング」とは、使いたい単語に別の意味があるということです。

たとえば、「キマっている」という意味の「trip」という単語。

かっこいいと思って、飛躍させて「tripper」という単語にしてしまうと、「ヤク中」と意味になってしまいます。

スローガンに使いがちな緑「green」には「大麻」という意味があったり、爽やかな風「breezy」には「尻軽女」いう意味があります。

いとせず、自分のチームのスローガンが怪しげな感じになってしまうのは避けたいですよね。

英語の意味も知らず卑猥な単語の書かれたTシャツを着て歩いているのと一緒ですよ。

そうならないためにも、十分に注意をはらいましょう。

盛り上がること間違いなし!?面白い系で攻めてみる!!


これはある女子高の体育祭のスローガンです。

この学校では学年ごとにチーム分けされ、戦うことになっています。

〇3年生・・・「2年潰す」
〇2年生・・・「下剋上」
〇1年生・・・「空気を読む」

何だか、普段の上下関係がみえるようで面白いですよね。

あと、
〇いけいけ、どんどん!!
〇口説き落とせ!勝利の女神は俺のもの!!
〇脱!雨男!!
なんていうのも面白いと思いました。

また、ドラマや漫画、楽曲のパロディなどだと、
〇見たことのない景色、見せてやるよ(「OLDCODEX」より)
〇逃げない、負けない、ドラゲナイ(「SEKAINOOWARI」より)
〇どんとこい!!超常現Show!!(ドラマ「トリック」より)
〇諦めたらそこであとの祭りですよ。(漫画「スラムダンク」より)

というものもありました。

どれもよく考えつくされていて面白いですよね。

また、みんなが知っている作品のパロディというだけで、なぜかテンションがあがりますよね。

個人的には、「名探偵コナン」の大人気キャラクター、安室徹の名台詞に何かかけてみたり、アニメ「ポケットモンスター」より、『優勝Getだぜ!!』なんていうのもおもしろいかと思います。

またアニメのOP「めざせ!!ポケモンマスター」の歌詞にはスローガンに使えそうなフレーズがたくさんありますよ。

また、アニメつながりで、「文豪ストレイドッグス」より
〇起きろ!少年!!
〇いつだって少年は生きる為に虎の爪を立てるんだ!
〇僕がよければすべてよし
など、面白いかと思います。

あくまで、個人的にですが。

いかがでしたか。

少しでも、参考になったでしょうか。

私自身、高校の体育祭でスローガンを考える役職をしたことがあるので、スローガン決めの重要さはよく分かります。

みなさんも、オリジナルのスローガンのもと年に一度の体育祭、仲間たちと楽しい思い出をつくってくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする