3×3バスケットボールを徹底解説!広がりつつある競技の魅力に迫る

シェアする

本来バスケットボールの試合は5人対5人で行うものですが、他にも個人技術を競い合う1人対1人との試合や、いま人口が増えている3人対3人の試合などがあります。

これからご紹介するのは、いまバスケットボールで話題の3人対3人の戦い3×3のルールや魅力を解説していきたいと思います。

3×3の基本的なルールをご紹介!

3×3(スリーバイスリー)と呼ばれる試合はバスケットファンの中でも熱狂する試合です。

主に体育館など設備が整った場所で行わずストリートなどで大会が行われる試合になっています。

2007年に国際バスケットボール連盟が正式競技種目として認め、いままでに世界で多くの方が楽しみ競い合う競技になっています。

3×3はプロ選手もいますが、アマチュアの方でもプロの方と戦うことができるスポーツとしても人気のひとつです。

普通のバスケットであれば5人制でコートを全面的に使いますが、3×3の場合は本来のコートの半分を使い試合を繰り広げます。

さて3×3の概要はここまでにしてこれから基本的なルールをご説明していきたいと思います。

ぜひこの機会に覚えて3×3を楽しんでいただければと思います。

初めに3×3を行う上でチーム構成が大事となってきます。

5人制の場合はベンチや控えに12人以内であればチーム構成をすることができますが、3×3の場合試合に出る人数含めて4人以内のチーム構成となります。

そうです。

控えが1人しかいないチーム編成となります。

またボールの大きさも違い少し小さいボールになります。

しかし重さは本来のボールと一緒です。

次に試合時間です。

試合時間は5人制であれば10分×4セット行います。

しかし3×3の場合は10分で試合が終了です。

さらにどちらかのチームが21点以上得点した場合はその時点で試合終了となります。

得点もバスケットでは1ゴール2点となりますが、1ゴール1点となり3ポイントなどはなく、1点のエリア外で得点した点数は2点となります。

1回の攻撃時間も5人制では24秒以内にシュートを打たなければいけませんが、3×3ではさらに短い12秒以内で攻撃しなければいけません。

反則などは5人制とは違い制限がありません。

しかし個人の反則の制限がないだけで、チームとしての制限は6回と定められています。

6回以降の反則を行った場合は、相手の2回のフリースローを与え、さらに数が増え10回以上になると2回のフリースロー+再度ボールの主導権を与えてしまいます。

また危険な反則プレイなどをしてしまうと1回の反則で退場となることもあります。

交代などは自由に行うことができ、わざわざ審判への申告などはせず自由に交代を何度でも行うことができることになっています。

簡単に5人制のバスケットボールとの違いを踏まえて解説してきました。

おさらいすると以下のようなルールになります。

1、チームは4人編成
2、ボールの大きさが少し小さいが重さは同じ
3、試合時間は10分間のみで、どちらかのチームが21点以上獲得したら試合終了
4、得点は1点、1点のエリア以外は2点
5、攻撃時間は12秒以内
6、個人の反則は制限なし、チーム合計反則は6回以上で相手にフリースローを与える
この5つのルールを覚えていれば3×3をいますぐ楽しむことができます。

ぜひ試合などに初めて出る方などはおさらいとして参考にしてください。

活躍するプロの選手をご紹介!

2020年に開催される東京オリンピックに正式種目として追加採用された3×3。

そこでこれから3×3で活躍している選手をご紹介していきたいと思います。

注目&活躍が期待される選手

齋藤 洋介選手

5人制のプロリーグから3×3へ転向した齋藤選手です。

2020年に行われる東京オリンピックを出場選手で日本代表として活躍するために転向したと言われています。

プロリーグの第一線で活躍していたので、3×3でも活躍ともに人気もあり、今後も活躍が期待される選手です。

飯島 康夫選手

以前3×3の日本代表にも選出されたことのある実力者である飯島選手。

アメリカに渡米しチャレンジしたことで常識にとらわれていないプレーで観客を魅了するプレーが注目され今後の活躍も期待されている選手になります。

瞬発力が持ち味の相手を翻弄するバスケに期待です。

柏尾 耕資選手

普段から明るい柏尾選手は、プレースタイルもそのまま明るいプレーで観客を魅了し人気となっています。

どの選手よりもバスケットを楽しむことをモットーにシュートを決めた後のリアクションなども観客を味方につけるパフォーマンスを行い周りの空気を変えてしまうほどのパワーを持っています。

他にも日本代表に選ばれている鈴木 慶太選手、小松 昌弘選手、原 修太選手、落合 知也選手などがいます。

2020年の東京オリンピックでの活躍が今後期待できる選手は他にもいるので、ぜひこの機会に選手にも興味を持っていただき試合などにも観戦しにいってほしいです。

3×3と3on3の違いとは?

よく3×3を3on3と勘違いされる方がいらっしゃいます。

まったく違うものとまではいきませんが、3on3とは3×3は別物になります。

以前ストリートで流行っていた3on3がFIBAに認められ公式にルールを決め競技化を図ったものを3×3と名前を変え正式名称となりました。

3on3でもいまだに通ずるものはありますが、3×3になるとボールのサイズが変わったりと先ほどご紹介してきた細かな公式ルールが設けられています。

3on3の感覚で3×3の試合などに出てしまうと痛い目を見てしまうのと思います。

ぜひ3on3の名称でまだ3×3が浸透していないのであれば、この記事を読み参考にしていただいて広めていただければと思います。

ま と め

今回3×3(スリーバイスリー)の基本的なルールや流れをご紹介してきました。

この記事を読んでいただき3×3に少しでも興味も持っていただけたらと思います。

また多くの試合をストリートで行っているので、見かけて見てみると新たな楽しみが発見できるかもしれません。

ぜひ自分一押しの選手を見つけたり、自分でも3×3を行い試合にも参加されてみてください。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする