バスケのボールを指でくるくる回そう!スピニングボールのコツ紹介!

シェアする

バスケットボール選手がパフォーマンスとして行う指先でボールをくるくる回すスピンニグボール。

憧れている方も多いと思います。

そんなスピニングボールのコツや応用した技などをご紹介したいと思います。

スピニングボールのコツを徹底解説!

スピニングボールを行えるようになればバスケのボール以外のあらゆるボールで代用して行えるようにあります。

コツを掴めば野球ボールでさえもできるようになりますよ。

もともとジャグリングの一種としてパフォーマンスで披露されていましたが、バスケット選手も披露するようになりました。

コツとしてはひたすらボールに触れて回したときにボールの中心を見つけることができるかどうかになっています。

指先に乗せるときも、なるべくボールとの接地面積を大きくするために爪を切っておくことも大事かもしれません。

バスケットボールでは空気を入れる穴があります。

そこを中心に考えボールを回すことをはじめに練習すると中心を見つけやすくなり成功する確率もあがってきますよ。

なるべく乗せるときにはボールを高く上げるのではなく、そっと指先に置くようにボールをあげることもコツとしては重要かもしれません。

ボールを高く上げてしまうと指先に乗せるとき突き指にもつながるのでご注意を。

一度成功してしまえばコツをつかみ指先が疲れるまで永遠と回すことができます。

コツのおさらい。

  1. 回したときにボールの中心を見つける。ボールの空気を入れる穴が初めはベスト。
  2. 手に回したボールは高く上げすぎず、そっと指先に置くように乗せる。
  3. なるべくボールとの接地面を大きくするために爪を切っておく。

この3つのコツを掴めば誰でも簡単にスピニングボールができるようになります。

バスケットボールで難しいのであれば、サッカーボール、ゴムボールなんかでもでできますよ。

ここで次にスピニングボールができるようになったら、応用できる技や行っている動画をご紹介していきたいと思います。

できるようになった後の応用技特集!

スピニングボールを指先でできるようになれば、指先だけでなくいろんな場所でできるようになります。

例えば、1本の指だけでなくどの指でもできるようになったり、指先だけでなく、指の爪の表面、指を曲げたときの骨、曲げたときの手首など手であれば色んなところで行うことができます。

またボールの回転を利用して指先から逆の指先へ上半身を使って移動させたり、上級者になれば2つのボールを一度に回したりとパフォーマンスを越えてジャグリングのプロの方でもびっくりするような技を披露することもできます。

これからそのスピニングボールを行いながらパフォーマンスをするフリースタイルバスケットの動画をご紹介したいと思います。

後半の1分6秒あたりからスピニングボールを軸にパフォーマンスを行っています。

1つのボールだけでなく、2つのボールを使いながらスピニングボールを披露したり、ボール回しをしながら色んな技を披露します。

1分20秒あたりでボールを乗せたスピニングボールを披露しています。

スピニングボールだけでなく、バスケットボールを使って色んなパフォーマンスを行っているので、ボールを回すだけでなくボールを使った他の技にも注目してみてほしいです。

スピニングボールの他にバスケットボールを使った技は?

スピニングボール以外でバスケットボールを使ったパフォーマンスはいくつもあります。

先ほどご紹介した動画を見ていただくとわかるように、ドリブル一つとっても見せるパフォーマンスに変わります。

股の下をドリブルで通したりなど実際の試合でも使える技もパフォーマンスとして披露されます。

またハンドリングと呼ばれるボールを自分の体に馴染ませる準備運動として行われている行為もやり方一つでパフォーマンスに変わり、多くの方を魅了するパフォーマンスとなります。

バスケットをしている人で上手いからとボール回しが必ずできるわけではありません。

現に私の友人は中学校で全校へ行き選手として試合に出場経験もあるほど、バスケットは上手でしたが、スピニングボールはできませんでした。

いつも練習の合間にスピニングボールの練習をしていたのを思い出します。

練習さえすればできるというわけではなく、コツさえ掴めば誰でもできるということです。

話は戻りますが、スピニングボールの他の技としてハンドリング技術やドリブルのテクニックなどがあります。

ハンドリングは暇さえあればボールを触っていれば徐々にできるようになってきます。

ドリブルの練習ですが、いくつか方法があるのでご紹介したいと思います。

まず初めにドリブルをしながら股の下を通すパフォーマンスです。

椅子の端に座り足を出してその下を通す練習から初めてみてください。

そのあとは空気椅子のような状態でお尻の下を通す練習をするとボールを下へ通す感覚が培われます。

それから股の下を最初はその場で行い、慣れてきたら交互に足を変えてタイミングよく股の下を通し、最終的には歩きながらその歩幅に合わせて股の下をドリブルしながら歩くようになれば充分人を魅了するパフォーマンスになると思います。

スピニングボールだけでなく、バスケをしている方はさらに技術を磨いてみてください。

またバスケットをしていなくてもスピニングボールをきっかけに他のバスケの技術を練習してみてください。

ま と め

今回スピニングボールのコツをご紹介していました。

コツさえ掴めば誰でも簡単にできるようになります。

コツを掴むまで時間と練習が多少必要かもしれませんが、ぜひ今回ご紹介したコツを参考にしていただき、なるべく早くコツを掴んでほしいと思います。

またできるようになったら、他のバスケットボールを使った他のパフォーマンスにもぜひ挑戦していただき、一緒にバスケをしている人を驚かしてみましょう。

この記事を読んで少しでも多くの方がバスケットに興味を持っていただき、バスケットの人口や観戦する方が増えてくれたらと思います。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする