タバタ式トレーニングの効果がすごい!シンプルに痩せるトレーニング方法の紹介

シェアする

皆さんタバタ式トレーニングを聞いたことや体験したことありますか?

聞いたことはあるけど…という方や中にはそんなの聞いたことないという人もいると思います。

でも実はタバタ式トレーニングはすごい効果があるトレーニング法なのです。

今回はタバタ式トレーニング法を紹介します。

タバタ式トレーニングってどんなものでどんな効果があるの?

タバタ式トレーニングは日本で生まれたトレーニング法です。

立命館大学の田畑教授によって考案されたトレーニングなのでタバタ式と呼ばれています。

このメソッドが実際に流行りだしたのは日本ではなくアメリカでした。

アメリカの筋トレ雑誌で紹介され、その後ヨーロッパやブラジルの方に広がりタバタプロトコルとして日本に逆輸入され、そこから日本でも少しずつ有名になりました、ただいまだに認知度は低めです。

タバタ式のトレーニング方法は20秒運動し10秒休む、これを1セットとしそれを6~8セット連続で行うトレーニングです。

一日にこの約3分~4分のトレーニングを行うだけで1時間ほど運動したのと同じ効果が得られるということで多く知れ渡りました。

タバタ式トレーニングを行うことでダイエット効果を得ることができます。

本当に4分で得られるの?と思う方も多いと思いますがしっかりと効果を得られます。

タバタ式を行うと体の代謝が促進されその効果が長時間続きます。

その結果脂肪が燃焼され脂肪が落ちるのでダイエット効果があるのです。

さらには継続して行う事によって生活習慣病を、特に糖尿病を予防することができるのです。

アスリートにも嬉しい効果があり、週3回、6週間このトレーニングを行う事で有酸素性は10%、無酸素性は30%運動能力が上がったという研究結果が出ています。

こんなに少ないトレーニングでこんなに効果が出ています。

どんなトレーニングをすればいいの?

タバタ式トレーニングは1日4分程度の運動を週3~4回行えば良いのです。

一週間に約20分時間を取るだけなので、今までダイエットが続かなかった方でも簡単に続けることができます。

ですがその1日4分のトレーニングはめちゃくちゃ辛いです。

普段あんなに鍛えているアスリートでも地獄の4分間と言われるほど恐れられており、タバタ式を行ったあと20~30分間起き上がれない選手などもいるほど思っている以上に辛いです。

では実際どんなトレーニングが向いているのでしょうか。

基本的には大きな筋肉を使うトレーニングを行うのが良いです。

主に下半身を使ったメニューでスクワットジャンプやランジスクワット、バービージャンプなどです。

初心者の方は最初は、もも上げなどの簡単なものから始めると良いです。

お腹を重点的に引き締めたい方は腹筋運動を行うのも効果的です。

基本的には1種目を行いますが2種目組み合わせて交互に行っても良いです。

絶対にこれじゃないといけないというものはないので自分で好きなトレーニングを選んだり、ケガなどをして動かせない部位を使わないトレーニングを選んで行うことができるのでかなり自由度の高いトレーニングです。

タバタ式トレーニングで行ってはいけないこと

今から紹介することを守らないと効果が激減してしまうので注意してください。

まず大事なのは20秒運動して10秒休むというこのサーキットをしっかりと守ってください。

余裕があるから、辛いからなどの理由で15秒にしたり25秒にしてしまうとこのメソッドの効果が変わってきてしまうので必ず守って下さい。

また週に3~4回というのも必ず守ってください。

先程も書いた通りしっかり追い込めばアスリートでも立てないくらいになるトレーニングを毎日行ってしまうと体の負担が大きくなり怪我につながるリスクが高くなってしまいます。

ウエイトを使ってタバタ式をやるのも効果が激減してしまうのでやめましょう。

タバタ式は心拍数を上げることで効果が出ます。

ウエイトを使って行ってしまうと心拍数を上げることができなく代謝を上げる効果が出ません。

なので、もしウエイトを使いたい場合は本当に軽い重さで行いましょう。

また小さい筋肉群しか使わないメニューを選ぶのもできるだけ避けた方が良いです。

小さい筋肉群しか使わないメニューを選ぶと強度があまり高くなく、高強度のメニューを行うことが必要なこのメソッドには向いていないからです。

その他にも普通のトレーニングを行うときと同じようにウォームアップやストレッチは必ず行ってください。

ま と め

タバタ式トレーニングは20秒運動して10秒休憩を6~8回繰り返すことで効果がでるメソッドです。

変にアレンジしたりせずに行いましょう。

トレーニングで行うメニューも主に大きな筋肉を使うメニューにしましょう。

しっかりと正しいやり方で継続して行い続ければ毎週約20分のトレーニングだけでダイエット効果、代謝向上、生活習慣病予防にもなるので一度試してみてください!

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする