有酸素運動は室内でできる!高齢者のためのおすすめ健康運動

シェアする

年を重ねてそんなに激しい運動はできないけれど、健康が気になっている人は少なくありません。

若い頃のように運動ができればいいのですが、挑戦をしてみて怪我をしてしまっては意味がありません。

適度な運動を、簡単に、できれば室内でできたらいいなーと思っている人に、今回はおすすめです。

室内でできる有酸素運動のご紹介です。

室内のため、激しくもありませんし、自分のペースでゆっくりできます。

朝起きたときに、テレビを見ながら、食事までにちょっとした時間など、スキマ時間に試してみてください。

有酸素運動って何?有酸素運動の効果とは何だろう

有酸素運動は、言葉の通り酸素を体に取り入れながら運動することです。

呼吸を意識しながら運動をするだけで、簡単に有酸素運動になるのです。

今までは有酸素運動をしても、20分以上続けなければ脂肪の燃焼はみられないと言われてきました。

しかし最近の研究では、有酸素運動を始めてすぐに脂肪の燃焼が始まることが分かってきました。

では、有酸素運動をすることによってどのようないいことがあるのでしょうか。

最初に挙げたとおり、加齢と共に体重も落ちにくくなりますので、ダイエットにもとてもいいのですが、他にも色々と有酸素運動から得られるものはあるのです。

ます、心肺機能が向上します。

心肺機能はやはり加齢と共に低下します。

運動をしてもすぐに息が上がってしまったり、疲れがたまりやすくなる理由の一つは心肺機能が低下しているからなのです。

心肺機能が低下すると、行動に制限をかけるようになり、老化が一気に進みます。

いつまでも若々しくいるためにも心肺機能の向上は大切です。

他には体の基礎代謝量が向上や抵抗力の増加が望めます。

それに伴い、骨粗鬆症予防や高血圧予防、認知症予防にもなるのです。

若々しく、健康で楽しい毎日を過ごすためにも有酸素運動はとてもいいことが理解いただけたのではないでしょうか。

では次に具体的にどのような運動があるのか、ご紹介します。

室内でできる簡単有酸素運動

簡単にできる有酸素運動というと器具を使った有酸素運動がおすすめです。

腹筋でもランニングでも、筋力が弱まっているためにいざ始めても負荷が大きすぎて続かない可能性があります。

また急速に負荷をかけることは、反対に体をいためてしまう可能性があるため注意が必要です。

その点、器具を使うと負荷を軽くしてくれて、更に筋力もしっかりと付くためにおすすめなのです。

今回は年配の方でも簡単に取り入れやすい器具をご紹介します。

ステッパー

http://amzn.asia/fpMTQqD

ステッパーは足踏み運動ができる器具です。

場所も取らないため、取り入れやすい器具のひとつです。

使いやすい場所や、テレビの前などに置いて、何かをしながら始めてみてはいかがでしょうか。

またステッパーは地面に直接接地する運動ではないので、腰や膝への負担も軽減されます。

ランニングやウォーキングを始めたら膝や腰が痛くなったことがある人もいるでしょう。

そんな人にもおすすめです。

踏み台昇降運動

http://amzn.asia/dqUXDvz

こちらは台の上に昇ったり降りたりするだけの単純な運動です。

こちらもテレビを見ながらできますが、うっかり足を踏み外さないように気をつけましょう。

音楽を聴きながら、リズミカルに運動するととても楽しくできます。

高さも2段階で調節できるため、慣れてきたら高さを変えてみましょう。

昇降運動は階段でもできますが、階段ですと毎回同じ風景で飽きてしまう可能性があります。

日当たりのいい場所や、庭の見える場所で運動したほうが、気持ち的にも前向きになり運動がはかどります。

振動マシーン

http://amzn.asia/aKNmxE1

台を振動させることによって全身の筋肉を動かしてくれる振動マシーンです。

乗るだけで、後はスイッチを押すだけなのでとても簡単です。

しかし乗った後は、かなり疲れるので、様子を見ながら使いましょう。

今回は3点おすすめの器具を紹介しました。

しかし器具はお金もかかりますし、器具によっては合う合わないもあるため躊躇ってしまう肩もいると思います。

そんな方にもお勧めなのが、ラジオ体操です。

ラジオ体操は動きを意識しながら取り組むと、ものすごくいい運動になります。

全身を動かして、しっかりと伸ばしてくれる運動なので、器具を購入したくないという人にいかがでしょうか。

しっかりと息を吸って、吐いてを意識しながら体を動かすことによって、立派な有酸素運動になります。

ま と め

いかがだったでしょうか。

今回は高齢者向け室内でできる有酸素運動についてご紹介しました。

有酸素運動は呼吸の仕方ひとつを意識するだけでも、腹筋に負荷がかかります。

室内ではできない、しっかりと外で動かないと効果がないと思われる方もいますが、決してそんなことはありません。

室内で、ゆっくりでも有酸素運動は効果があるので、まず始めてみましょう。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする