熱中症の症状に寒気も含まれます|気をつけて!その体調不良、熱中症かも

シェアする

今年もこの季節がやってきました。

やむことなく流れるセミの声や照りつけるかんかん照りの太陽。

そう、夏です。

海やプールに行けるから夏が好きという方も多いのではないでしょうか。

夏にしかできない遊びや行事などもたくさんあり、過ごし方によっては、かなり充実した季節になるでしょう。

しかし、そんな夏にも、いや、夏だからこそ気をつけなければいけないものがあります。

熱中症です。

今回は、そんな怖い熱中症について書いていこうと思います。

熱中症の原因と症状

この季節になると毎時間毎時間、何分おきに救急車のサイレンが鳴り響いていると思います。

その大半の運ばれる理由が熱中症です。

熱中症とは、気温や湿度などの影響によって、体温が一定以上に上昇してしまうことにより、体温調節機能に異常がきたされ、体内の熱が放出されずに体内に溜まってしまう病気です。

熱中症の初期症状としては、体温調節機能の異常が起こるために、発汗作用がなくなり、汗が出なくなります。

熱中症の主な症状としては、まずは、めまいや立ちくらみです。

目の前がグラグラしたり、一瞬真っ暗になったり、フラフラしたなと感じたらそれは熱中症のサインかもしれません。

次に、筋肉の痙攣や足がつったりするというものです。

夏にスポーツをしていて足が震えた筋肉が痛い、足がつった経験がある方も多いはずです。

それは、脱水症状の場合もあれば熱中症の症状とも言えます。

そして、倦怠感や吐き気、頭痛。

熱中症になると、だるくなってくる、動きたくなくなるという方す。

普通に考えればわかるように、真夏の30度を超える炎天下の中を寒いと感じること自体異常なのです。

明らかにおかしいとわかりますよね。

また、先述しましたが、汗も熱中症の症状です。

体温調節機能の異常が起こり、汗が全然出なくなる方とまったく止まらなくなる方がいます。

どちらにせよ悪い状況には変わりありません。

汗が出ないということは体の熱が放出できないということ、汗が止まらない場合は脱水症状を考えなければいけません。

そのほかにも、フラフラしてまっすぐ歩けない、皮膚が赤くなっている、動けないなどの症状が出る場合もあります。

最後に、1番熱中症として危険な症状としては、意識障害です。

これは本当に重度の場合です。

この状態になると、いくら名前を呼んだりしても反応を示さなかったり、支離滅裂なことを言ったりすることがあります。

こうなったら、直ちに医療機関へ搬送が必要になります。

熱中症の症状が見られた場合は早めかつ臨機応変な対応が必要になってきます。

熱中症になった時の対応、応急処置

熱中症の方を目の前にするとどうしても焦ってパニックになってしまうと思います。

しかし、冷静に考えてみましょう。

1つの命が危機に瀕しているのです。

そう思うと何かをしなければならないと思うはずです。

そのため、ここでは熱中症になった方への応急処置について紹介していきたいと思います。

もし、救急車を呼んだとしても、すぐに到着することはありませんよね。

まずは、あまり刺激しないようにしながら、涼しいところに移動させましょう。

暑いところにいたままでは体温は上がり続ける一方です。

クーラーの効いた室内や日陰で休ませましょう。

その際に、経口補水液や電解質を含んだ水分を取らせるといいです。

そうすることによって、汗などによって失われた成分を補給することができます。

しかし、この際に、意識障害や吐き気の症状が見られる場合は、誤飲してしまう可能性や嘔吐してしまう可能性があるので無理に飲ませてはいけません。

涼しいところに移動させたら、できる限り体の冷却をしましょう。

熱中症とは体温が上がりすぎることによって起こる病気です。

それならば体温を低下させましょう。

衣服やベルトは熱がこもりやすく、逃すことができません。

本人の確認が取れれば可能な限り脱がせてしまってもいいでしょう。

そして、体温を下げるには皮膚に氷などをつけて冷やすのが有効です。

氷で冷やす場合は、首などの大きな血管のあるところを冷やすことによってより体温の低下を期待することができます。

また、その際に、うちわで扇いだり、エアコンを使ったり、扇風機を使ったりすれば効果も上がります。

救急車が来るまでの短い時間が生死を分けるかもしれません。

できることをして、救急車を待ちましょう。

まとめ

熱中症とは、時には人の命を奪ってしまうものです。

夏に外に出なければいいと思う方もいるかもしれませんが、夏に外に出ていなくても、適切な温度管理ができていなければかかってしまう油断のできない病気です。

夏は、水分補給や日差し対策をしなければいけません。

自分は暑さに強いからなどと過信してはいけません。

自分の命は自分で守らなければいけないのです。

また、誰かを助けなければならない時もあるとおもいます。

その時に少しでも役に立てればいいですよね。

全員で夏を乗り切りましょう。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする