大人から子供まで!熱中症予防グッズ一覧

シェアする

各地で気温が30度を上回る季節になってきました。

家から出たくない、クーラーの効いた部屋の中にいたいと思っている人も多いでしょう。

夏の厳しい暑さは私たちの体にも悪影響を与えます。

その1つとしてあげられるのが熱中症です。

熱中症とは最悪の場合、人の命さえもうばう可能性のある非常に危険な病気です。

しかし、熱中症は、食べ物や飲み物によって予防することができます。

今回は熱中症の予防になる食べ物や飲み物について紹介していきます。

熱中症を予防する食べ物

夏の暑さに負け、あまりご飯を食べなくなってしまうということはよくある話です。

しかし、そうなってしまうと、体に必要な養分などが不足してしまい、熱中症になる可能性が高くなってしまいます。

体を保つためにはさまざまな養分が必要になってきます。

まずはエネルギーの元になる炭水化物。

夏場に食が細くなるとあまりご飯を食べなくなりますよね。

その時に役に立つのはそうめんです。

そうめんはご飯などと違いとにかく食べやすいのに加え、しっかりと炭水化物を摂取することができます。

さらに薬味や野菜と一緒に食べると他の栄養も取れて一石二鳥です。

炭水化物をエネルギーに変えるために必要になってくるのがビタミンBです。

ビタミンBを含んだ食べ物は豚肉や豆腐、モロヘイヤなどに多く含まれています。

それらを含んだ料理を効率よく摂ることができるのが理想です。

しかし、時間の問題などで辛いと思われる方は、味噌などにも含まれているので、きゅうりに味噌をつけたものなどでも補給することができます。

そして、この時期に多く取っておきたい養分の1つは、ビタミンCです。

ビタミンCには抗ストレス作用や免疫力を高める効果があり、夏バテや熱中症予防に大きく効果を期待することができます。

そのビタミンCを多く含んでいるのは、赤ピーマンなどの夏野菜です。

しかし、ビタミンCは熱を通してしまうと、かなりの量が失われてしまうので、熱を通さずに食べることで恩恵を最大限に得ることができます。

また、このビタミンCには、それらの他にも、そばかすやシミにも効果があるので、積極的に摂取してもいいと思います。

また、クエン酸も夏を乗り切る上で、大事な効果をなします。

クエン酸とは疲労回復の効果があります。

そのため、摂取すれば疲労の蓄積などが軽減されます。

クエン酸の多く含まれている食べ物は、梅干しやレモン、グレープフルーツなどです。

酸っぱいものには多少なりと含まれているので、比較的取りやすい養分となっています。

そして、皆さんも知っている通り、塩分も必要になってきます。

しかし、塩分を摂取する場合に気をつけなければいけないことがあります。

塩分をとりあえず取ればいいと思い、料理に入れる食塩を増やすと考える方もいますが、それは体にとって悪影響です。

塩分は適切な量ならば体にいいのですが、取りすぎてしまうと、塩分過多や高血圧の原因になってしまいます。

そのため、味付けをする場合は、塩だけに頼るのではなく、味噌や醤油、あれば、塩麹など辺りで味付けをすることができれば、体に負担のかかりにくい料理になるでしょう。

夏の暑さに負けずに乗り切るには食事が本当に大切になってきます。

暑いからといって抜いたりするのはやめましょう

熱中症を予防するドリンク

夏には汗などもたくさん書くため、水分の放出量がかなり増えるため、その分の水分を取らなければなりません。

しかし、放出されているのは水分だけではないのです。

そこで、水分と放出された養分を補給できる飲み物を紹介します。

汗などをかくともちろん水分も奪われて行きますが、それに加えて、ナトリウムなどのイオンも失われて行きます。

イオンには体内環境を整える、一定に保つ効果があります。

これが失われてしまうと体にはなんかしらの不調が現れてきます。

そして、失われすぎると熱中症にかかってしまいます。

そこで推奨されるのが運動時ならばスポーツドリンクです。

スポーツドリンクは飲みやすい、かつ、電解質のイオンなどが豊富に含まれているので熱中症の予防になります。

その中でも効果があるのはアイソトニック飲料というものです。

アイソトニック飲料とは人間の体液より薄い飲み物です。

体に吸収されやすく、夏のお供にはオススメです。

例を挙げるとすると、グリーンダカラやビタミンウォーターですね。

また、アイソトニック飲料などで水分とともに、塩分、糖分、電解質を取るのもいいのですが、重要になるのは水分の摂り方です。

一気にがぶ飲みしても正直言ってあまり効果がありません。

熱中症予防のために効果的な飲み方は、冷たいものをこまめに飲むというものです。

定期的に冷たいものを飲むことで吸収もスムーズになり、また、体を定期的に潤し、わずかながら冷やすことができます。

飲み物によっても熱中症予防ができるのです。

まとめ

夏を元気に乗り切るには熱中症予防をすることを忘れてはいけません。

熱中症になってしまったら、せっかくの海やプールお祭りに行くことができなくなってしまいます。

せっかくの夏にそんなことになったら悲しいですよね。

しっかりと熱中症予防になる食べ物を食べて、運動している時はこまめに冷たい飲み物を飲み、この厳しい夏を乗り越えていきましょう。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする