スキューバダイビングに必須「耳抜き」の方法とコツ紹介!

シェアする

南国への観光や新婚旅行でのマリンスポーツとして人気が高いスキューバダイビング。

しっかりとしたインストラクターさえいれば充分楽しめるものですが、それでも先に知っておくことでより安心して楽しむことができます。

今回は、スキューバダイビングを行う上で重要な「耳抜き」という技術について紹介していきます。

そもそも「耳抜き」ってなに?

先程もお話した通り、スキューバダイビングに必須な技術とも言えるのが「耳抜き」です。

耳抜きがなぜ必要かといいますと、水中に潜っていくと、徐々に水圧が増していき、耳の中にある「鼓膜」を圧迫していきます。

そうすると、この鼓膜は内側へと押されるようになり、次第に痛みを感じたり、音が膜をかけたように聞こえたりするようになります。

この現象は水圧が増せば増すほど悪化し、それでも我慢して続けてしまうと鼓膜が破れるなんていうリスクもある怖いものです。

いくら鼓膜は再生するものだとしても一度破れると次も破れやすくなってしまうので注意が必要です。

このリスクを解消するために行う動作のことを「耳抜き」といいます。

これは特別スキューバダイビングに限ったことではなく、気圧が急激に変化した際に生じやすいものなのです。

例えば、新幹線に乗っていてトンネルに入ったときや車で峠を越えようとしたときなどの身の回りでも起こりうるものなのです。

このときにどのようなことが耳の中で起こっているかと言いますと、鼓膜によって耳は体内と体外に隔てられています。

これにより、互いの間に圧力差が生じてしまうことで鼓膜が緊張したり、内側に凹んでしまったりすることで生じます。

そのため、この緊張をとってあげたり、内側から圧力を高めて凹みを戻してあげたりすることが必要となります。

また、鼓膜の内側には耳管と呼ばれるとても細い鼻とつながった管があります。

この管はとても細いためにつまりやすく、口や鼻から息を吸ったり吐いたりするだけでは、この空気を押し出すことができません。

そこで、耳抜きをすることで空気の入れ替えをし、耳管を開くことで外気との圧力差を解消しようとするのです。

耳抜きの方法とコツ

<挿入する画像のファイル名「方法とコツ」>

耳抜きにはいくつか方法がありますが、その中でも基本的な方法を紹介します。

①鼻をしっかりとつまみ、口から空気を吸い込みます
②口をしっかりと閉じます
③目をしっかり閉じて、鼻をかむように空気を押し出します
④行き場を失った空気が耳管を通ろうとして空気が抜けていきます

このように言葉では簡単に説明できるものですが、慣れない方や苦手意識がある方は何回行ってもなかなかうまくいかないものです。

そのような時には、鼻に力を入れていくスピードを意識してください。

ポイントはゆっくりと行うことです。

勢いよくやろうとしたり、力を込める必要はありません。

逆に優しすぎてもできませんが、リラックスした状態で行うことが上手く耳抜きができるコツとも言えます。

耳抜きが上手くいくと「プシュッ」と空気が抜けていく音が聞こえるはずです。

日頃から地上で練習しておくことで、いざ水中で行うときにも不安なくできると思いますし、マスク越しにやるには多少勝手が違うため、マスクの上からしっかり鼻を押さえることを意識しましょう。

また、アレルギーなどにより鼻炎を持っている方は、早めに耳鼻科を受診し薬を処方してもらうことも大切ですし、ダイビング前日は、早く寝て体調を整えておくことも必要です。

そして、潜行前までアメやガムを食べて顎の周りの筋肉を動かすことで耳管を開きやすくする効果も期待できます。

耳抜きができない時の対処法

初心者の方は、潜ったはいいものの、上手く耳抜きができなかったらどうしようと不安になると思います。

実際にそうなってしまった時の対処方法を事前に身につけておきましょう。

まず、耳抜きが上手くできずに痛みを伴うようになった場合は、インストラクターにジェスチャーで知らせましょう。

そして少しずつ水面に上がりましょう。

水圧が弱くなることで痛みが和らいでくると思います。

違和感程度になったところで再度、耳抜きを行ってみてください。

水中で耳が痛くなるのは、耳抜きのタイミングが悪かったり、耳抜きの回数が足りなかったりすることが多いので、こまめな耳抜きが大切になっていきます。

はやめはやめの耳抜きを心がけてください。

スキューバダイビング前の耳抜きに失敗してしまったら

準備万端でいざ潜行しようとする前にも必ず耳抜きを一度行います。

しかし。

この時に耳抜きができていないと危険なことになります。

もし、すでに耳が詰まった感じがしているにもかかわらず、そのまま始めてしまうとすぐに痛みが強くなりせっかくの楽しいダイビングが台無しになってしまいます。

そのため、ダイビング前にもしっかりと耳抜きをしておく必要があります。

しかし、これらの方法を実施しても耳の違和感が抜けない場合は、無理をせずに潜らないことを選択することも必要です。

「せっかく来たのだから・・・」という気持ちはもちろんあるかと思いますですが、そこで無理をしてしまうと中耳炎や鼓膜を傷めてしまうことにもつながります。

鼻炎や花粉症、風邪などにより鼻づまりや鼻水が酷い場合、ダイビングは控えるようにしましょう。

ま と め

ダイビングにおける耳抜きの重要性やそのコツを紹介しました。

ダイビングにおける耳の調整は潜る前から始まっており、開始前にガムを噛んでおくことや耳抜きは痛くなる前に行うこと、決して無理をしないことが重要です。

また、日頃から耳抜きの練習をすることで水中でのストレスの軽減につながりますのでチャレンジしてみてください。

これらを行うことで安全で安心できるダイビングを楽しみましょう。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする