突き指してしまった時の処置&テーピング方法

シェアする

突き指は、おそらく誰しもが一度は経験のあるケガだと思います。

突き指は見た目では問題ないように見えることが多いため甘く見てしまいがちですが、後遺症の残る重大な怪我にもつながるものですので、正しい知識を身につけて適切な対処をとれるようになりましょう。

突き指とは?その原因と対処法

医学的に突き指は「槌指」といって、主に人差し指と中指に発生しやすく、指先に強く物が当たるなどして、指の第一関節における指を伸ばす靭帯や筋肉、骨や関節を損傷する怪我の総称です。

軽度のものであれば、打撲や炎症で済みますが、重度の場合は骨折や亜脱臼を伴う場合があります。

また、これを放置すると指の変形につながり、指を曲げることが不自由になります。

原因として主に挙げられるものは、球技によるものです。

例えば、バスケットボールのパスを受け取ろうとして指先に当たってしまった場合に、指先に外力が集中して加わり、痛めてしまいます。

また、躓いて転んでしまった時に咄嗟に手をついた際に、指が変な方向に捻ってしまった場合も考えられます。

突き指は、手指だけと考えがちですが、足趾(足の指のこと)でも起こりうるものです。

例えば、サッカーでボールを勢いよく蹴った際に指先で蹴ってしまったがために傷めてしまったり、タンスや椅子の角に足趾をぶつけてしまった場合でも起こります。

このように意図せず、急激に大きな力が指にかかることで起こるものが突き指というものになります。

突き指の症状は、その状態から軽度・中等度・重度に分類されています。

<軽度>

目立った腫れが関節周囲に見られず、若干の曲げにくさを感じる程度のことが多く、違和感にとどまるものです。

<中等度>

指は曲がるものの、曲げるにつれて痛みと曲げにくさを感じ、しっかりと曲げることができない程度のものを指します。

関節の腫れも目立ち、左右の同じ指で比べても明らかな差を見ることができます。

<重度>

指を動かすことが困難で、関節周囲がパンパンに腫れて指は太くなっています。

痛みも酷く、炎症部に熱を持つことが容易にわかります。

このように程度によって判断できますが、軽度と思っていたはずが骨折していたというケースも稀にありますので、油断せずに経過を観察しましょう。

また、詳しい症状は以下の通りです。

<炎症>

炎症は、発赤・熱感・腫脹・疼痛の4つの徴候があります。

患部の炎症の程度を見る際には、赤みや熱さ、腫れ方またはその大きさ、痛みの程度を把握しましょう。

<腫れや内出血>

損傷初期の腫れは次第に治まっていきますが、それでも異様に腫れたままであった場合には、骨折や腱断裂などの重大な怪我が生じていると考えられるので直ちに専門医に診てもらってください。

腫れた際には、内出血を起こす可能性が高いです。

内出血は次第に黒っぽくなりますが、これも中々見た目が変わらない場合には専門医にかかりましょう。

<骨折や靭帯損傷>

重度の突き指の場合、力を入れても関節が曲がらない、患部がパンパンに腫れていて触ると激痛が走るという症状があります。

また、指が横にぐらぐらと不安定に動くこともあります。

このような場合には、骨折や腱断裂の恐れがあるため早期に治療をしましょう。

このように突き指をすると関節周囲が炎症し熱を持ちます。

良好な予後のためにも、初期の応急処置が重要になります。

まず、何よりも炎症を抑えることが必要なため、アイシングをします。

氷のうや氷をビニール袋にいれて薄いタオルで巻いたものを患部に当てて、15分程度おきます。

また、氷水の中に手を入れることも効果的です。

その後、患部を動かないように固定して心臓よりも高い位置で安静にしています。

これらは、いわゆるRICE処置といわれるものです。

この方法をとることで回復が早くなることが見込まれます。

また、絶対にしてはいけないこととして、「突き指をしたから引っ張って治そうとする」ことです。

腱や筋肉などの軟部組織を損傷しているため、それを無理に引っ張ることで悪化させてしまう危険性があります。

突き指した指を固定しよう

参考動画:【battlewin】指のテーピング 指(痛みが残っている状態)

それではいざ突き指をしてしまった場合には、どのように固定していくといいでしょうか。

突き指は関節を曲げることで痛みが増悪しますので、痛みがあるうちはできるだけ曲がらないように固定しましょう。

固定には伸縮性のないテーピング(ホワイト)を使用してください。

テーピングの太さは12mmがおすすめです。

①固定する関節を挟むようにそれぞれテーピングで巻きます(アンカー)
②固定する関節の背面をサポートするためにアンカー同士をつなぎます
③固定する関節を背面でまたぐように×印に貼ります
④もう一度アンカーの上からテーピングを巻いて完成です

注意することは、強く巻きすぎないことです。

あまりに巻き圧が強いと、指先の血管が圧迫され血行が悪くなってしまいます。

テーピングはずっと貼っているとかぶれの原因になるため、怪我をしてすぐでなければ就寝時には外しましょう。

また、痛みが軽減してきて指が曲がるようになったら外しても大丈夫です。

突き指の後遺症の痛みは治せる?

軽度であれば自然治癒により痛みが引くこともありますが、中等度以上になりますと、腫れがひいても中々痛みがなくならないこともあります。

これは、筋肉や靭帯の損傷が治りきっていないことによるものと考えられます。

日常的に使用することによる負担が、自然治癒と拮抗することで後遺症のように尾をひいてしまうのです。

このような場合には、日常的にアイシングを取り入れると効果的です。

アイシングをすることで、日常生活で負荷がかかった筋肉や靭帯を冷やして炎症を抑え、血行をよくすることで自然治癒力をサポートしてあげることができます。

ここまでのケアをしても十分な効果が得られない場合は、専門機関に受診することを強くおすすめします。

突き指が原因で指が曲がらない時のリハビリ方法

突き指をした後に痛みはひけたものの、指が曲がらなくなってしまったという状態になった場合、適切なリハビリを受けなければ後遺症となる可能性があります。

しかし、突き指と一言で言っても靭帯や筋肉などの軟部組織の損傷なのか、関節のトラブルなのかその状態によってリハビリの方法も大きく変わってきます。

素人判断で「指を引っ張ればいい」、「回してみればいい」、「痛くても使っていけばいい」などといったことは絶対にしてはいけません。

専門医に必ず受診して状態を確認して、適切なリハビリ方法の指導を受けましょう。

ま と め

今回は、突き指についてまとめました。

身近な怪我であるからこそ軽視しがちですが、対処方法を誤ると思わぬ後遺症に悩まされる危険性があります。

たかが突き指を思わずに、専門機関に受診して早期回復を心がけましょう。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする