ラグビーのルールを初心者にもわかりやすく解説!

シェアする

いよいよ2019年に世界三大スポーツイベントのひとつであるラグビーワールドカップが日本で開催される事になりました。

でも「なんとなく興味があるけどとにかくルールがわかりづらそう」「試合を観ていても何をやってるかよく分からない」という人もいるかもしれません。

そこで今回はラグビーのルールを分かりやすくカンタンにご紹介しましょう!

トライをしたら何点入るの?その他に得点する方法は?

○トライ(T)=5点

相手陣地のインゴールと呼ばれるスペースの地面にボールを押さえ込む、もしくは自らボールを持ち込んで押さえ込むことでトライ成立となります。

ゴールライン上に押さえ込んだ場合もトライとして認められます。

○コンバージョンゴール(G)=2点

トライ成立後に与えられるゴールキック。

トライ成立地点の延長線上からゴールを狙うことができます。

キックしたボールがゴールポストの間でクロスバーの上を通過すると成功となります。

○ペナルティゴール(PG)=3点

相手がの反則によって与えられるペナルティキック(PK)で、反則が起きた地点からペナルティゴールを狙うことができます。

キックしたボールがゴールポストの間でクロスバーの上を通過することにより成功となります。

○ドロップゴール(DG)=3点

プレー中にボールを一度地面にバウンドさせキックすることをドロップキックと呼びます。

そのキックしたボールがゴールポストの間でクロスバーの上を通過するとドロップゴール成功となります。

○認定トライ=5点

レフリーが「相手側の反則がなければ確実にトライ成立でだった」と判断した場合に適用されます。

この場合トライはゴールポスト真下で成立したことなります。

反則(ペナルティ)にはどんなものがあるの?

軽い反則:相手ボールのスクラム、またはラインアウトによりゲーム再開

○スローフォワード

・プレーヤーが前方にボールを投げるかパスを出してしまうこと。

相手ボールのスクラムで試合が再開。

○ノックオン

・ボールがプレーヤーの手や腕に当って前方に落ちてしまうこと。

相手ボールのスクラムで試合が再開。

○ノットストレート(ラインアウト時)

・ラインアウトでボールがまっすぐに入らなかった場合。

反則しなかったチームは、マイボールスクラムかラインアウトを選択できる。

◎重い反則:相手ボールのペナルティキックによりゲーム再開(ゴールを狙える)

○オフサイド

ボールを持った味方やボールをキックした味方より前方にいる者が、その味方より後方に下がることなくゲームに参加したり、相手選手のプレーを妨害するか、

スクラム、ラックやモールなどの密集状態、ラインアウトなど、プレー毎に決められたオフサイドラインより前方にいる者も、味方より後方に下がることなくゲームに参加することはできない。

参加した場合はオフサイドの反則となる。

○オーバーザトップ

・モールやラックが形成された状態で、故意に相手側に倒れこんでボールが出る事を妨げること。

○ノットリリースザ・ボール

・ボールを持っているプレーヤーが、タックルで倒されたにも関わらず、ボールを離さずに持ち続けること。

選手交代は何人までできるの?

1チーム15人、両チーム合わせて30人で試合を行います。

試合に出場できるのは1チーム15人ですが、プレーヤーが怪我をした場合や、戦略的にプレーヤーを入れ替えることもできます。

交替はそれぞれ8名まで認められていて、合計23人まで試合に出場することが出来ます。

○シンビン

故意の反則で攻撃の継続を妨げたり、危険なプレーなど重い反則があった場合、レフリーはイエローカードで警告を与えて、警告を受けた選手は10分間の一時退場処分となり、2枚受けると退場処分となります。

重大な反則の場合はレッドカードが審判より出されて、即時退場になります。

スクラムってそもそも何?

スクラムはノックオンやスローフォワードといった軽い反則の場合や、モールやラックといった密集状態からボールが出てこないなど、どちら側のボールか分からない場合に試合を再開するセットプレーです。

基本は8人同士で組みます。

スクラムの時の掛け声(コール)は毎年変更される事が多いですが、2018年8月現在では「クラウチ(お互いに低くスクラムを組む姿勢を取り)、バインド(1番と3番=プロップ(PR)が相手の肩から腰にかけての部分を掴み)、セット(スクラムを組み合う)」の3段階に変更されています。

これはプロップ同士がしっかりジャージをつかみあってから組むことで、体への衝撃を減らすという効果があり、安全対策の一環で行われます。

セットという声は「組んでいいですよ」という意味になります。

ま と め

「ラグビーはルールが難しそう」というイメージが皆さんにはあるかと思いますが、今回ご紹介したルールはほんの一部に過ぎませんが、試合を観戦する際にはきっとお役に立てる内容だと思います。

好きなチームや選手を見つけて、実際に試合を観て頂けると難しそうなルールもだんだん理解しやすくなると思いますので、まずは一度試合を観戦されてはいかがですか?

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする