【2018年版】ラグビー日本代表の試合を見てみたい!試合とチケット情報まとめ

シェアする

ロシアで開催されたサッカーワールドカップは熱狂のうちに幕を閉じましたが、2019年にはいよいよ日本において、ラグビーワールドカップが開催されます。

今大会ではベスト8進出を目標とするラグビー日本代表。

2018年5月10日に京都迎賓館にて開催された組分け抽選会で、安倍晋三首相や女子レスリングの五輪金メダリスト吉田沙保里選手がくじを引き、注目の対戦相手が決まりました。

そこで今回はラグビー日本代表の対戦相手とチケット情報をご紹介しましょう!

ラグビー日本代表の対戦相手がついに決定!

○第1戦 2019年9月20日(金)19:45(東京・味の素スタジアム)

・日本代表(世界ランキング11位)VSロシア代表(世界ランキング19位)
(※記事内の世界ランキングは2018年8月現在)

日本代表にとっては注目の初戦であると同時に、ワールドカップ開幕戦となるこの試合。

本来はルーマニア代表との対戦が決まっていましたが、ヨーロッパ予選で予選1位だったルーマニア(世界ランキング17位)と2位のスペイン(世界ランキング20位)が代表資格のない選手を予選の試合に出場させていた事が発覚した為、規定違反で勝ち点が減点。

予選では3位だったロシアが繰り上げで予選1位となり、ロシア代表のワールドカップ出場が決まりました。

日本代表のロシア代表との対戦成績は通算4勝1敗と勝ち越していて、最後に対戦した2013年11月の試合では40-13(前半13-13・後半27-0)と快勝。

世界ランキングでもロシア代表より上位にいる日本代表にとっては開幕戦を勝利で飾る事が期待されています。

○第2戦 2019年9月28日(土)16:15(静岡・小笠山総合運動公園エコパスタジアム)

・日本代表VSアイルランド代表(世界ランキング2位)

アイルランド代表はアイルランド共和国と、イギリス領である北アイルランドを合わせて統括しているアイルランド協会の代表チームです。

ワールドカップは8大会全て出場。

最高成績はベスト8が6度となっています。

アイルランド代表との通算の対戦成績が9戦全敗と、日本代表にとっては非常に苦手としている相手です。

2017年6月に静岡・エコパスタジアムと東京・味の素スタジアムで行われたアイルランド代表とのテストマッチ(各国のフル代表同士が公式に対戦する国際試合)でも、日本代表は22-50、13-35と完敗に終わりました。

アイルランド代表のラグビーワールドカップにおける過去の結果はベスト8が最高。

前回の2015年イングランド大会でも優勝争いの有力候補に挙げられていましたが、準々決勝でアルゼンチンに敗れてベスト8で敗退。

日本大会において悲願の初優勝を目指しています。

日本代表としてはワールドカップの舞台でアイルランド代表から初勝利を挙げたいところです。

○第3戦 2019年10月5日(土)19:30(愛知・豊田スタジアム)

・日本代表VSサモア代表(世界ランキング16位)

前回の2015年イングランド大会では第3戦でサモア代表と対戦し、26-5(前半20-0・後半6-5)で快勝した日本代表。

今大会でも再び対戦する事になりました。

日本ラグビー界においてもサモア出身の選手がトップリーグや大学ラグビーでも活躍するなど、非常になじみのあるチームです。

サモア代表のラグビーワールドカップにおける過去の結果はベスト8が最高で、近年の成績は予選リーグでの敗退が続いています。

とはいえ、サイズを活かしたパワフルなラグビーなど潜在能力の高さには定評があるだけに油断できないチームである事も確かです。

日本代表も前回大会での勝利に油断する事なく、前回大会に続いての勝利が期待されます。

○第4戦 2019年10月13日(日)19:45(神奈川・横浜国際総合競技場)

・日本代表VSスコットランド代表(世界ランキング7位)

日本代表がラグビーワールドカップでスコットランド代表と対戦するのは1991年、2003年、2015年に続いて今回で4度目。

しかし残念ながらアイルランド代表との対戦成績と同様で相性が悪く、対スコットランド代表戦は3連敗中です。

スコットランド代表は派手こそないものの、堅実でひた向きなプレースタイルを信条とするチーム。

結束力を活かした粘り強い戦いを得意とするだけに、日本代表は負けずに粘り強く立ち向かう必要があるでしょう。

どの試合も勝たなければならない事は言うまでもありませんが、日本代表の目標であるベスト8に進出する為には、スコットランド代表に勝利する事が非常に重要となってくるでしょう。

ラグビー日本代表の試合のチケットの一般発売は9月から!

さて気になるラグビーワールドカップ日本大会のチケット購入方法をご紹介します。

日本ラグビー協会の登録選手、メンバーズクラブ会員、試合会場の自治体住民を対象とした通常チケットの先行抽選販売は既に終了していますが、一般向けの抽選販売に関しては2018年9月19日(水)10時から11月12日(月)23時59分までの期間で行われます。

大会全体では約180万枚を販売する予定との事ですが、先行抽選販売の段階で3分の1に当たる約60万枚分に対し、約250万枚分のチケット申し込みがあったそうです。

一般発売でもチケット争奪戦が予想されます。

チケット料金に関しては次の通りです。

ここでは日本代表戦に関してご紹介する事にしましょう。

VSロシア代表
・カテゴリーA 50,000円
・カテゴリーB 35,000円
・カテゴリーC 25,000円
・カテゴリーD 15,000円

VSアイルランド代表
・カテゴリーA 40,000円
・カテゴリーB 30,000円
・カテゴリーC 20,000円
・カテゴリーD 10,000円

VSサモア代表
・カテゴリーA 40,000円
・カテゴリーB 30,000円
・カテゴリーC 20,000円
・カテゴリーD 10,000円

VSスコットランド代表
・カテゴリーA 40,000円
・カテゴリーB 30,000円
・カテゴリーC 20,000円
・カテゴリーD 10,000円

※カテゴリーに関しては各会場によって分かれていますが、基本的にはいわゆる「良い席(=見やすい席)」の順にA・B・C・Dの順で分けられていると考えて頂ければと思います(カテゴリーC・Dに関しては16歳未満のお子様が対象のこども券も発売されています)。

〇第1次一般販売(抽選販売)

・申込期間 2018年9月19日(水)10時より11月12日(月)23時59分まで

・抽選結果発表 2018年11月26日(月)

〇第2次一般販売(先着順にて販売)

・販売期間 2019年1月19日(土)10時より

※注意事項※

ラグビーワールドカップ2019日本大会のチケットを購入する為には、まずはラグビーワールドカップ公式ウェブサイトにてチケットIDの登録が必要となります。

くれぐれもご注意下さい。

ま と め

本大会まであと一年と少し。

対戦相手も正式に決まりました。

前回大会では強豪の南アフリカ代表から大金星を挙げて、日本代表の選手にも一躍注目が集まりました。

そして今回はラグビーワールドカップが日本で開催されるという歴史的なイベントであり、海外の一流選手のプレーを生で観戦できる貴重な機会でもあります。

ぜひチケットをゲットして、スタジアムで日本代表を応援されてはいかがでしょうか。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする