テニスの0点はなぜ「ラブ」なのか?テニスの不思議な点数の由来

シェアする

錦織圭選手の活躍などで、

テニスの試合がテレビ放送される機会が増えましたね。

テニスの試合を見ていて

「どうして0点をラブと呼ぶんだろう?」

と思ったことはありませんか?

そこで今回は、テニスの0点をラブと呼ぶようになった由来と、

点数の数え方がちょっと変わっている理由についてお話していきますね。

テニスの点数の数え方

テニスの点数の数え方をご存知ですか?

あまりテニスに詳しくないという人のために、まず簡単にご説明すると、テニスでは「0点→15点→30点→40点」と点数が増えていきます。

ではなぜ15点の次は30点で、30点の次は40点となるのでしょう?

諸説ありますが、有力とされているのが、時計の文字盤によるものという説。

昔はテニスの試合をする時に、大きな時計の文字盤を利用して点数を表していたため、「0点→15点→30点→40点」と数えていたのが始まりだといわれています。

でも、時計の文字盤をちょっと想像してみてください。

「15点→30点」と増えるなら、「30点→45点とはならないの?」と思った人もいるのではないでしょうか?

これはフォーティーファイブという発音が長いため、いつの間にか「フォーティー」と省略して言ったのが定着して正式なものになったという説が有力です。

意外と面白い理由でちょっとびっくりしますよね。

テニスの0点は「ラブ」なぜ?

次は、テニスではなぜ0を「ラブ」と呼ぶのかについて、お話ししましょう。

実はこれにもいくつかの説があるので、その中から有力なもの説を3つご紹介しましょう

1.「フランス語の卵が語源」という説

現在のテニスはフランス語が源流、フランス語では0を卵に見立てて、卵を表す 「ルフ」と呼びます。

テニスがイギリスに渡った時代、「ルフ」がとても発音がしづらかったため、発音が近いラブが使われたという説です。

「ルフ」と「ラブ」 比べてみれば確かに似ているかもしれませんね。

2.「ラブ=無し」という説

「ラブ」にはもともと愛情という意味のほかに、「無=なにもない」という意味もあるんです。

そのため「ラブ=なにもない」ということから「ラブ=0」という説です。

「ラブ」に愛情以外の意味があったなんて、意外と知らなかった人も多いのでは
ないですか?

3.「オランダ語の名誉が語源」という説

「名誉にかけて勝負をする」という意味から、オランダ語の名誉を意味する「ロフ」が、発音の近い「ラブ」に変化したという説もあります。

中世時代のヨーロッパでは、スポーツを見ながら賭け事をすることが多かったのですが、時には現金の代わりに「名誉」を賭けていたといわれています。

「名誉」はお金とは違い形のないものなので、「名誉=目に見えるものはない→0」に結びつけられたという説、なんだか少しかっこいい気もしますね

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする