バスケットボールシューズの基本解説

シェアする

バスケットプレイヤーにとって、シューズは慎重に選ぶ必要がありますよね。

どのようなバスケットボールシューズにするか、自分に合ったものを選ぶときはポイントを抑えて決めることが重要です。

そこで今回は、バスケットボールシューズを選ぶときの基準や、おすすめの種類についてご説明します

バスケットシューズとは

バスケットボールシューズはバッシュと呼ばれることも多く、必要不可欠なアイテムです。

バスケットボールシューズの特徴は、体育館の床をしっかり捉えるため足裏全体が滑りにくくなっていること

バスケットは走るだけでなくジャンプをすることも多いため、衝撃を吸収する靴底やその付近に工夫をされていることが多いです。

バスケットシューズを選ぶときにチェックすべき機能

バスケットはポジションによって、動き方が大きく変わってきます。

そのためバスケットボールシューズも、ポジションによって必要な機能を備えているものを探すことが大切です。

では、どのような機能を見ればいいのかを、具体的にご説明していきましょう。

軽量性

走ったりジャンプしたりするときに重いシューズを履いていると、思うように動くことはできません。

それだけでなく必要以上の重さは、余計な体力を使い体の負担が大きくなる原因ともなりかねません。

特にセンターなどの選手は早く動く必要があるため、この機能はしっかりチェックしておきましょう。

クッション性

クッションとは衝撃を吸収してくれるもの、バスケットは飛んだり踏ん張ったり切り替えをしたりという動作を繰り返し行います。

そのため足へはもちろん、膝や腰にも負担がかかるので、怪我や故障の原因となる衝撃を軽くするためクッション性はとても重要です。

特にガードやセンターの選手は、状況を見て動いたり何度も飛んだりする場面が多いため必ずチェックしておきましょう。

屈曲性

屈曲とはソールの曲がり具合のこと、ソールの曲がり具合によっていかにスピードが出せるかが変わってきます。

ソールがあまり曲がらないと上手く力を出せず素早く動くことができませんが、柔らかすぎても良くありません。

ガードやフォワードの選手は素早く動くために、実際に履いてみてこの機能をチェックしましょう。

安定性とフィット感

安定性とフィット感は、どのポジションにも限らず重要となります。

どんなに優れた機能を持つバスケットシューズを選んでも、自分にぴったりフィットして履いた時に安定しなければ、プレイに影響が出てしまいます。

足の甲・つま先・かかと・アーチの部分がどのようになるか、実際に履いてみてチェックするようにしましょう。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする