バスケットボールシューズの専門用語解説

シェアする

バスケットボールシューズを紹介している雑誌やサイトを見ると、色々な用語が並んでいまよね。

それぞれの用語がどんなものを指しているのかよくわからない」という初心者の方もいるかと思います。

そこで今回は、バスケットボールシューズの専門用語や技術用語を説明していきます。

バスケットボールシューズの各部位名称

【引用元】
http://www.tochigi-basketball.net/shoes/01/kakubu.gif

ご存知の人も多いと思いますが、まずは基本事項をおさらいを。

バスケットボールシューズの各部位が、どのように呼ばれているのかをご説明していきましょう。

1.シューホール
靴紐を通す穴のこと

2.タン
シューズの内側についている泥除けのこと、英語の舌を表すタンの意味からきていてベロと呼ばれることも多いです。

3.シューレース
靴紐のこと、最近ではシューレースが不要なものも多く発売されています。

4.トゥ
シューズのつま先のこと

5.ミッドソール
直訳すると中間のソールという意味になりますが、アウトソールとアッパーとのあいだに挟まれている部分を指します。

6.アッパー
シューズの甲の紐で包まれている部分

7.アウトソール
靴底、特に地面と設置する部分。

バスケットボールシューズでは、ミッドソールとソールを別に考えることが多いです。

シェアする

フォローする