土俵の女性差別まとめ。次々明るみに出る相撲協会のおかしい対応

シェアする

(2018年4月12日追記:春巡業富士山静岡場所のちびっこ相撲女児参加禁止の内容を追加しました。)

2018年4月4日、大相撲の春巡業で事件は起こりました。

土俵の上で応急処置を施す女性に対し「女性は土俵を降りてください」という場内アナウンス。

ニュースやインターネットを通じて多くの方がその一部始終を見られたと思います。

そして「おかしい!人命救助のためなのに、なぜ降りろ?」「そもそもなぜ土俵は女人禁制なの?」いろんな疑問を持たれたと思います

そこで今日は、

  • この事件のまとめ
  • 土俵の女人禁制の由来
  • 女人禁制によって起こった過去の問題

を詳細にお伝えしていきます。

「女性の方は土俵から下りてください」アナウンス事件まとめ

まずは動画をご覧ください。

土俵での応急処置から問題アナウンスまでの一部始終

2018年4月4日、 この日 京都府・舞鶴市で大相撲の春巡業が行われました。

舞鶴市の市長である多々見良三市長が土俵に立って挨拶している最中、市長は急に意識を失い土俵の上で倒れてしまいました。

すぐに男性数名が土俵に上がり市長を取り囲みますが、とりあえず意識を確認するため声をかけるなどしているのでしょうか。集まっているだけのようにも見えます。

そこですかさず医療従事者とみられる女性が土俵の上に駆け上がり、心肺停止を確認する素振りが数秒間あり、その後すぐに見事な手際で心臓マッサージを行います。

さらに土俵の上にはたくさんの人が駆け寄り、動画の手前から2名の女性が駆け付け救急隊が会場に到着。そして場内アナウンスで「女性の方は土俵から降りてください」「男性がお上がりください」と数回アナウンス。

このとき、アナウンスに動揺して手前の女性2名のうち1名は土俵から降りようとしますが、もう1名の女性がそれを止め救助にあたろうとします。この様子からむやみやたらに土俵に上がったのではなく、この女性2名もやはり医療従事者であると考えられます。

アナウンスをしたのは若手の行司でした。実は、観客が「女性を土俵に上げていいのか?」という発言をし、そのまま「女性の方は降りてください」というアナウンスに至ったようです。

動画はここまでですが、この事件に関連するニュースはまだまだ続きます。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする