今話題のスポーツクライミングとは?そして歴史について

シェアする

2020年に開催予定の東京オリンピックで、スポーツクライミングの開催が決定されました。

まだスポーツクライミングの認知度は低く知らない方も多いと思います。
そこで今回はスポーツクライミングの紹介と歴史をまとめました。

スポーツクライミングとは

ロッククライミングと呼ばれる天然の岩を手足だけで呼ばれるスポーツがあります。

そのロッククライミングにスポーツ的要素を重点的に取り入れたのがスポーツクライミングとなっています。

イメージとしては今話題となっている室内向けのボルタリングをイメージするのが手っ取り早いでしょう。
室内に設置されている突起物のついた壁を手足で登って行くという物です。

ではスポーツクライミングとは一体どんな内容になっているのかといいますと、壁を登る際にリード・ボルタリング・スピードという3種目に分かれて競い合うものとなっています。

では3種目別にそれぞれ解説していきます。

リード

高さ12m以上ある岩をどこまで高く登れるかを競い合います。
またロープとハーネス(腰と両足の太ももの3点で体を支える道具)を装着して行ないます。

ボルタリング

時間制限内に高さ5m以下の指定されたコースを何回登り切るかの勝負です。ロープとハーネスは装着しません。

スピード

10~15mの壁を登るタイムを競う勝負です。ロープとハーネスを装着して行います。

以上3つの競技から構成されています。

どれも瞬発力を必要とした競技となっており試合展開の速さに驚かれる事でしょう。

スポーツクライミングの歴史

スポーツクライミングの歴史はまだ短く、国際的な大会が行われたのが1989年に開催されたワールドカップでした

スポーツクライミングの前身であるフリークライミングは元々ヨーロッパを中心に人気があり、そこから急速に成長・拡大していきました。
そしてフリークライミングを競技にしようと1991年に世界選手権が開始されました。

また当時リードのみを競技としていましたが1999年までにはリード・ボルタリング・スピードの3競技に統一されました。

まとめ

以上がスポーツクライミングの内容と歴史についてのまとめとなります。

まだ歴史がそこまで長くないスポーツクライミングですが、実は海外ではとても人気のあるスポーツとなっています。

現在ボルタリングが流行っているようにこれから徐々に日本中に浸透していくのではないのでしょうか。
そして東京オリンピックでは是非メダルを獲得して世間を沸かして欲しい所です

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする