スイミングダイエットに効果的な頻度や距離とは?

シェアする

実は、スイミングはダイエットにとても効果的ということをご存知でしたか?

全身を使う有酸素運動だから、全身の引き締めに効果があるんです。

では、より脂肪の燃焼に効果的な頻度や距離を知って、ムダなくダイエットを成功させたいですよね。

今回はそんなスイミングダイエッター初心者にオススメの頻度や、1回でどれくらい泳ぐといいかについて紹介します。

ダイエットにスイミングを選ぶワケ

数あるダイエットの中からスイミングを選ぶ方は少なくありません。

その理由は「続けやすさ」にあります。

スイミングダイエットのメリット

  • 屋内の温水プールなら、雨の日でも、暑くても寒くても関係なくできる
  • ジョギングやマラソンと違って膝や腰を痛めにくい
  • 泳ぐ以外にも、水中で行うエクササイズがあり、楽しく体を動かせる

上記は主にスポーツジムでの温水プールを想定したメリットです。

ジョギングしようと思っても、今日は土砂降りだからできないや…今日は寒すぎて外に出られない…今日は紫外線が強すぎて…花粉が舞っているから…などなど、「できない」の言い訳がたくさん待ち構えています。

上記の通りスイミングに天候は関係ありません。(室内の温水プールのみ)

それに関節を痛めにくいため、腰痛などを治したい人にもオススメです。

年齢に関係なく誰でもオススメでき、また、できない理由がないので続けられる可能性は高いです!

スイミングダイエットのデメリット

メリットの裏にはデメリットもあります。

  • スポーツジムに通うとなると毎月それなりにお金がかかる
  • 家から出てすぐにできるジョギングと違って、移動時間や準備時間がかかる

スポーツジムにかかる料金ですが、だいたい1ヶ月で1万円ほどを想定しましょう。ジョギングはこの金額がかからないのが大きなメリットですね。

しかしこの金額さえ支払えば水泳以外のマシンや設備も利用できることをお忘れなく。

メリットとデメリットを把握したところで、ダイエットに効果的な頻度や距離を見ていきましょう。

もし「毎日プールに通わないと意味がない!」となったらさすがに萎縮してしまうかもしれませんが、一体どれくらいでしょうか?

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする