新国立競技場の工事現場を見学!2018年5月16日現在の様子

シェアする

2020オリンピックに向けて建設が進む新国立競技場。2018年5月現在はどのような工事状況?どのような景色が広がっているの?

そんなことを確認するために実際に見てきました!たくさん写真を用意してきましたので、ぜひ足を運んだ気分になって見てください。

新国立競技場はどこにある?


完成予想図(引用:新国立競技場公式ページ)

新国立競技場は東京都内の山手線の内側、新宿寄りに位置しています。
最寄駅は銀座線の外苑前駅、JR中央線の千駄ヶ谷駅、信濃町駅、都営大江戸線の国立競技場駅です。
私は銀座線を使って外苑前駅から歩きました。

ここにはもともと、”国立競技場”がありました。
1964年の東京オリンピックで使われた競技場です。

2020年東京オリンピックに向けて解体し、現在は新しい競技場が姿を現しているのです。

この日の新国立競技場見学ルート

地図の下の方にある銀座線外苑前駅から北上し、ぐるっと建設地の周りを歩いてみました。

2018年5月16日、この日の天気は晴れで撮影にはぴったりの日!ですが、最高気温は27度で蒸し暑く、ルートにはほとんど日陰がないため汗だくで歩きました・・・。

平日の昼下りで人通りは少なく、スーツを着た人が歩いたり木陰で休んだりしていました。

新国立競技場の工事現場をぐるっと回ってみた!

南側:遠くに見えてくるクレーンの数々

明治神宮野球場を眺めながら北に歩くと、だんだんと工事現場とクレーンが見えてきます。

より近付くと大きな工事現場が目の前に!「ドドドドドドド」と工事の音がせわしなく聞こえてきます。

新国立競技場の公式webページを見ると、現在は屋根の工事に進んでいるようなので、外側としては一番高いところまで工事が進んだということになります。とにかくすごい迫力です。

そのまま東側へと歩いていきます。

人気の関連記事一覧

あなたにおすすめの次の記事をピックアップ!


シェアする

フォローする