両国国技館を平日に無料で見学できると聞いて実際に行ってみたら…

シェアする

皆さんは両国国技館に訪れたことはありますか?相撲ファンや力士ファンならきっと行ったことがあるかもしれませんね。あるいは、相撲ではなく他のスポーツ観戦、音楽イベントなどで訪れた方もいらっしゃるでしょう。

私は今まで一度も訪れたことがありませんでした。webを調べてみると平日なら無料で敷地内に入り見学することができるとのこと!

そして実際に敷地内を散策して、お相撲グッズを取り揃える売店や、相撲博物館を見てくる・・・はずだったのですが・・・。

両国国技館とは?

引用:日本相撲協会

東京都墨田区に位置しており、最寄駅はJR総武線の両国駅と都営地下鉄大江戸線の両国駅で、どちらも駅から徒歩数分とアクセス抜群です。

国技館の南側から見ると後ろ側にスカイツリーが見えます。歴史と伝統の象徴と、近代東京の象徴、そのコラボレーションがなんとも不思議で素敵な雰囲気を醸しています。

国技館では相撲はもちろん、プロレスやボクシング、さらには音楽ライブなどの会場として使われることもあります。

会場の席数は1万以上、音響や照明の設備も充実しているので様々なイベントが開催できるのですね。

両国国技館は無料で見学できるらしい…?

できます。

平日なら無料で解放しており、アリーナの中(実際に相撲が行われるところ)など一部立ち入れない部分以外は自由に見学できるほか、相撲グッズを取り揃えた売店や相撲博物館に入ることができるようなのです!

それなら相撲をよく知らない私も行ってみたい!相撲について知ってみたい!と思って田舎からはるばる東京にやってきたのです。

しかし哀れなことに、タイトルでお分かりの通り、見学することは叶いませんでした。その様子をお伝えしていきます。

両国国技館を見学したい!実際に行ってみた

この日は天気は晴れ、ちょっと曇り。のどかな平日の昼下がりという感じです。

都営大江戸線を使って両国駅で降り、てくてくと歩きます。おそらくマイナーな道を通ってしまったか、国技館の裏側あたりに来てしまったので、正面に向かいます。

両国国技館正面側についたら、なんと急に通りたくさんの人だかり!日本人だけでなく外国人もたくさん見られます。

※プライバシーに配慮して画像を一部加工してあります。

すごい、これが両国国技館…!

※プライバシーに配慮して画像を一部加工してあります。

なにやら皆さんチケットのようなものを持ってらっしゃる…そして明らかに入り口にゲート…さすがにただならぬ雰囲気を感じてきました。

平日だけど、これ、本当に無料で見学できるのかしら…(汗)

そして、ついに決定的な瞬間を目の当たりにします。

「4歳以上は入場券が必要です」

入場券が必要です…

入場券持ってない…

呆然と立ち尽くしました。

確かにこの日は平日です。アリーナの中までは入れなくとも、この門をくぐって敷地内を自由に散策できるつもりできたのです。

そう、誰でも訪れることのできる売店や相撲博物館だってこの中にあるはず。

気になってもう一度よく調べてみます。そして相撲博物館についてよく見てみると…

引用:日本相撲協会

無料(東京本場所中は大相撲の観戦券が必要)

東京本場所中…

そう、筆者が訪れたこの日は2018年5月16日。

大相撲五月場所真っ最中!

だからこんなにたくさんの人がいるのか!!と急に納得しだします。そしてこんなにたくさんの人がいるのに、観戦券なしでノコノコと見学者が入ってしまったらもう大混乱ですよね。

東京本場所中は両国国技館を無料で見学することはできませんでした。

東京本場所は1月、5月、9月にあり、それぞれ期間は2週間あります。

両国国技館に平日に見学しようとお考えの方は、この日に当たらないようご注意ください。

両国国技館の平日無料見学で見れるもの

さて、ここからは見学が可能な日に見学できる範囲と時間について記載していきます。

相撲博物館

錦絵や番付、化粧廻しなど相撲に関する資料を収集、保存し、展示により公開しています。展示室が1室のため常設展示ではなく、年6回の企画展示により様々な資料をご覧いただけるよう努めています。また、相撲を日本固有の文化ととらえ、歴史などの調査・研究を行っています。

引用:日本相撲協会

相撲に関する様々な資料などを展示する「相撲博物館」を見学できます。訪れたらいつも同じものが展示されているというわけではなく、年6回の企画展示、つまり展示物の模様替えがあるのですね!

東京本場所に訪れたら毎回展示が変わっていることでしょう。相撲ファンのための努力が伺えます。

見てみたかった…!

開館時間:10:00~16:30(最終入館16:00)

休館日:土曜・日曜・祝日(一部開館日あり)、年末年始

売店

引用:日本相撲協会

相撲に関する様々なグッズが売られているようです。

お土産に何か買っておきたかった…!

営業時間:10:00~16:00
定休日:土曜・日曜・祝日・年末年始
(但し、場所中は国技館入場者のみ)

終わりに

そもそも東京本場所中なんてメジャーなものの真っ最中だというのに、両国国技館にやって来て初めて知るなんてふざけているのかと、相撲ファンを初めとする様々な方からお叱りを受けそうです…大変申し訳ありません…返す言葉もございません。

東京本場所中の両国国技館に訪れて思ったのですが、本当にたくさんの人で賑わって、外国人もたくさんいて、さらに国技館の近くの広場では移動販売車によるフード販売があって、それこそなんだかお祭りのような雰囲気でした!

相撲協会については不祥事など様々なことが叫ばれ、なんとなく闇を感じるというか、暗い話題ばっかりだなあと感じていました。しかしこの日国技館を訪れて、相撲や力士は国境をこえてみんなに愛される素晴らしい伝統・文化であると、肌で実感した日でした。

平日に無料で国技館を見学できたらいいや。なんて気持ちで訪れたのですが、いつかこの目で力士を見てみたい、みんなと一緒に観戦して盛り上がりたい!という気持ちに変わりました。必ずまた来ます!

関連:この日訪れたもう一つの場所。あの工事現場の”今”を見て来ました!(2018年5月現在)

シェアする

フォローする