ヨガのポーズ(ハイレベル編!)難しいポーズに挑戦してもっとカラダを綺麗に

シェアする

ヨガとは、心と身体のバランスを整え、健康にしてくれるものです。

日常的に行うことで心身の変化を感じてくるはずです。

私もヨガを始めて一年ですが、始める前はちょっとしたことでイライラしたりしていましたが、ヨガをするようになって怒ることも格段に減り、穏やかな毎日を過ごせるようになりました。

始めは簡単なポーズから始め、少しずつ新しいポーズに挑戦していくことがヨガの楽しさでもあると思っています。

出来なかったポーズが出来るようになるために、練習するとも、出来た時の喜びも、全てが励みになります。

更に、美しくしなやかなボディを手に入れられるのは、女性にとってはこれ以上なく嬉しいことですよね。

 

難しいポーズに挑戦してみよう

そこで、今回は難しいポーズの紹介します。

これが出来るようになれば、ヨガ上級者の仲間入りです。

「上向き弓のポーズ」

全身を使った後屈のポーズです。背骨を強くストレッチします。

頭部を逆さまにするため、肩、首、頭の血行な良くなりますよ。

気持ちも前向きになれるポーズです。

やり方

  • 仰向けになり、両ひざを曲げます。両ひじを真上に上げ、両手のひらを床につけます。足は腰幅に開き、両足を平行にします。
  • 足の裏でしっかりと床を押し、足の付け根を真上に引き上げ腰を浮かせます。
  • 手のひらで床を押し、頭のてっぺんを床につけます。
  • 肘と膝を伸ばします。胸を高く真上に引き上げます。

二の腕と太ももを内側に回転させるように意識し、腰を守りましょう。

「三点倒立」

支えのある頭立ちのポーズです。

手首が強化され、腕で体重を安定させる感覚が身につきます

姿勢を整えたり、バランス感覚を養ったりするのに効果的です。

首を痛めないように注意しながら行うようにしましょう。

やり方

  • 両手を肩幅に開き、四つん這いになります。明日の指は立てておきます。
  • ゆっくりと頭の頭頂を床につけ、少しずつ体重をかけながら前に歩いていきます。手首は肘の真下、両手首と頭頂の3点で正三角形を作るイメージです。
  • ゆっくりと体重を移動させ、腰を頭の真下まで引き上げます。同時に膝を二の腕の上に乗せます。
  • 膝をゆっくりと伸ばし、頭頂から頭までを一直線になるように伸ばします。腰が反ったり、肋骨が前に出たりしないように注意しましょう。

「下向きの木のポーズ」

木のポーズの逆転バージョンです。いわゆる逆立ちです。

集中力が高められ、エネルギーアップが期待できます。

練習では、壁を使うことをおすすめします。

恐怖心を克服し挑戦しましょう。

やり方

  • たった姿勢から膝を曲げ、両手を床につきます。手の幅は肩幅です。
  • 左右どちらか片方の足を後ろにゆっくりと上げて、重心を両手に移動させます。この時、脇を締めて肩甲骨は引き寄せるようにします。
  • 床についている足で床を蹴り、両足を揃えます。体を一直線になるように伸ばし、倒立して止まります。腰が反らないように意識しましょう。

手首を痛めやすいので、体重が手のひら全体で床をとらえます。

次のページではヨガを極めるために重要なことについて説明していきます。

シェアする

フォローする